陳腐でもありふれててもよい!一言、一文字でも反応が出る話

仕事の「参考書」としていつも手元に置いて読んでいるコチラの本↓

「ザ・マイクロコピー」
という本なのですが、

たった2文字を変えただけで、
売上が1.5倍になった!

という例が
わんさか掲載されています。

上手な文章を書くことも大事ですが、ほんの一言だけでも変えたり、手を加えたりするだけで、購入や申し込みなど反応は大きく変わるんですね。

今や何ら珍しくないですが、
購入ボタンのテキストに

今すぐ購入する

と「今すぐ」というワードを使うことは、このサイトを閲覧している人に、今この瞬間に行動してほしいということを伝えています。

逆にイギリスのとある銀行のローン審査に必要な情報を入力する画面で、

ローンを申請する

※あとで入力したい場合は、いつでもフォーム内容を保存できます

と申請ボタンの下に注意書きを記載したところ

※申請に必要な入力には10分かかります
と記載していた時よりも、入力を終えて実際の申請を完了させた人が、5.1%アップ。

このように、
短い文章一つ、単語一つでも変更することで結果が変わってくるんですね。

そして、インターネットでもリアルでもよく見かける、

  • 日割りならたった◯◯円!
  • プロの◯◯さんも愛用!
  • 初心者ならこれ一択!
  • 今一番売れています!
  • 頑張った自分にご褒美!

など、一見陳腐でありふれた表現に見えるこれらの言葉も、

使うと
使わないのでは
反応が大きく違います。

当然全員にとって有効な言葉ではありませんが、

一部の人は
購入を後押し
してほしい
と思っています。

お洋服を試着した後に

「お客様、お世辞抜きで本当によく似合っています。

なかなかここまで着こなせる人いらっしゃいませんよ。」

と言われると
セールストークだと分かっていても

「そ、そう??^^;)
じゃあコレください」

となってしまうのと同じです。

もちろん嘘をついてはいけませんが、

事実を相手のために
翻訳して、
一言、一文字を変える

文章の書く時にも
このような気遣い
ができると、結果がどんどん変化してきます。

ボタンひとつ、注意書き一つでも

誰も読んでない

ではなく、

読んでくれている
誰かのために書く

という意識でこれからもライティングしていきたいと思います^_^

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA