40歳の女が前知識ほとんど無いまま人生初「機動戦士ガンダム」全話を観た話

※今日の内容は仕事にもデザインにもコピーにも全く関係なく、誰の役にも立ちません。なのでタイトルでご興味を持てない方は、そっと画面を閉じていただだくことをオススメしますm(_ _)m

※しかも長文です。4000文字近くあります。

 

—————————————-

先日、
40歳にして人生初
「機動戦士ガンダム」
全43話を視聴しました。

Gilang Prihardono / Shutterstock.com

 

視聴したのは、いわゆる「ファーストガンダム」と呼ばれ、今から約40年前の1979年〜80年にかけて放送され、歴代シリーズの“原点”とも言われている作品です。

アニメーション作品に、これまでほとんど触れることなく生きてきた私は、

生涯を通じ
ガンダムを
見ることはない

と思っていました。

 

ちなみに、過去に“視聴した”と胸を張って言えるTVアニメ番組は、

・ドラえもん
・ドラゴンボールZ
・ちびまる子ちゃん くらい。

 

なので当然、ガンダムについても全く知識ナシ。

私が今まで知っていたガンダムの知識は以下の5点。

  • 「モビルスーツ」と呼ばれるロボットのようなものに乗って戦う
  • 宇宙が舞台
  • 主人公がぶたれるシーンが非常に有名である
  • 名言が多いらしい
  • グッズが今でもいっぱい出てる

 

要するに

これまで個人的に
興味が持てない作品だった

わけです。

ところがある日ふと、

今まで生きてきた中で、バイト先や会社などで出会った人(主に男性)や、度々目にする商品化されているグッズのことを思い出したのです。

 

↓過去に出会った人の一例

  • バイト先の休憩室で、録画したビデオを食堂で勝手に再生している人
  • 特定の赤いグッズを集めている先輩
  • ケータイの待ち受けがガンダムらしき絵面
  • デスクの上にモビスルーツらしきものをキレイに並べて飾っている営業の人
  • 「自分はあの作品に登場していた」と真剣に語る人
  • 飲み会で永遠とその魅力について語る人

 

↓2019年に某高級デパートの上階で見かけた超高級マッサージ機(値段も高級だった)

そしてその極め付けが、夫。

夫はいわゆる“アニメオタク”ですが、その中でもガンダムに対する愛は別格。

 

一体、ガンダムの何が
彼らをここまで
掻き立てているのか

なぜ今だに
様々な価格のグッズが
発売され続けるのか

 

それが気になってきた私は、
「アニメにもガンダムにもあまり興味ないけど、見てみるか・・・」と決心。

ネットフリックスで検索し、この年齢にして初めて機動戦士ガンダム全43話を視聴することにしたのです。

いや、視聴というか履修です。

そして今日のブログは、その感想などをまとめただけの内容です。

 

40歳の女が前知識をほとんど持たずにガンダム(初代)を全話視聴した率直な感想

richardernestyap / Shutterstock.com

 

ダラダラ書いていても眠たくなるだけなので、先に全話視聴した感想を。

深い、
深すぎる

話が深すぎる。
深すぎてビビる。

そして謝罪したい。

アニメだと思って
舐めてかかってたことを。

 

これが今から約40年前に子ども向けのアニメーションとして、放送されていたという事実を再確認しさらにビビる。

感動のあまり、
最終回の最後は泣いた

要するに「それくらい感動した」
というのが率直な感想なのであります。

ちなみに
アニメ作品で涙を流すのは

「火垂るの墓」以来です。

主人公のアムロ・レイの成長は言うまでもないけれど、それを取り巻く様々な人と、その人たちの思い、哀しみ。そして敵対するジオン軍の人間模様。

単なる味方VS敵に分かれて戦う話じゃない、壮絶な話でございました。

マジで壮絶だった。

追求したくなるリアルすぎる描写がすごい

あと

描写がリアル

キャラクターやモビルスーツの設定、台詞の言い回しがリアルすぎて、「これは追求したくなるわな・・・」と感じる要素がてんこ盛り。

正直、途中で
「え、これ大丈夫?紙芝居っぽくない?」と感じるようなクオリティの絵が登場する場面もあったのだけど(あるよね?)

それを感じさせないキャラクターの描き方とストーリー展開に、段々のめり込んでいきました。

これは
みんなで集まって話したら

絶対楽しくなるやつに
間違いありません。

 

(つまんなかったら途中で見るのやめよ♪)と思っていた自分が信じられない・・・。

最初は(なんかダサい・・・←超失礼)と思っていたオープニングテーマも、

回が進むにつれて

きど〜ぉせんし〜♪ ♪
ガン〜ダム〜♪
ガ・ン・ダ・ム♪♪

と一緒に口ずさむくらいまでになった自分が信じられない・・・。

 

参考文献のおかげでさらに理解を深める

解説者(夫)が

「初めてさんはこれを読むといいよ」

「わからないところは
いつでも聞いてね(★ゝω・)b⌒☆」

と事前に貸してくれたのが、
こちらの二冊↓

1話づつの解説が書かれてあり、劇中の設定、場所についての世界地図などの解説が満載の、参考文献です。

アニメーションといえども、そのリアルすぎる戦争を描いた独特の言い回しに最初はついていけず、

・先に2話ほど鑑賞

・参考文献で単語や状況などを復習

・再び同じ2話を見る

という方法を、最初繰り返していていたところ

まるでスルメのように

見れば見るほど
味が出る

という感覚を
感じたのであります。

ちなみに、序盤は勝手に一人で観ていたのですが、物語が中盤に入り、

解説者から「俺が帰るまで観るのを待ってくれ」との要望が。

既に何百回も観ているであろうに、また観たくなる魅力があるのですね。

 

40歳の女が前知識をほとんど持たずにガンダム(初代)を全話視聴して好きになったキャラクター3選

3人に絞るのは苦しかったけれど、敢えて3人を選んでみました^_^

<ランバ・ラル大尉>

めちゃくちゃかっこいい。
内縁のご夫人、ハモン様も超素敵。

厳しいけれど、部下思い、女性思いの優しい人。

 

<ドズル・ザビ中将>

めちゃくちゃかっこいい。

あの「やらせはせん!やらせはせんぞー!」のシーンを観た時は、画面に釘付けになってしまいました。

↑ちなみにこれが名言であり、ガンダム屈指の名場面と知ったのは、後のこと。

ちなみに、
本作を見る前、解説者(夫)からは

「もしよそで“好きなキャラクターは?”って聞かれたら、“ドズル”って答えるんだよ。」

と言われて、
最初は「は?」と思ったのだけど、

今は心からそう思える。

 

<フラウ・ボゥ>

登場するどの女性キャラも、それぞれ勇ましかったのだけど、彼女には共感を覚える女の子らしい部分が垣間見えて、純粋に可愛いなあと思ったり。

19話で「さっきの女の人が見ていたから、私と手を繋ぐのやめたんでしょ!」は、本当にこの年頃の女の子が言いそうなリアルなセリフです。

 

<番外編>
\ガルマ・ザビ/

ガルマ様、イケメン💕
紫色の髪色も素敵💕

もし若い時に本作を見ていたら、絶対ガルマ様担当になっていた。無条件でかっこいいガルマ様。

 

ここがよくわかんないので、誰か知っている方教えてください

<なぜ時々入浴シーンがはさまるのか?>

「いや、今のシーン別にいらんでしょ!?」と感じる入浴シーン。

解説者(夫)曰く、
「昔のアニメには必要不可欠なシーンだった」と言っていますが、謎でしかない。

そーいえば、セイラさんとミライさんが水着になっているシーンもあった。これも必要なの??

 

<マ・クベ氏の「あれは、いいものだ!」の「あれ」は壺なの?>

37話のラストで

「ウラガン!
あれをキシリア様に届けてくれよ、
あれは、いいものだ!」

と叫び戦死するマ・クベ氏。

その時一瞬「あれ」が映るのだけど、

結局「あれ」って
何なの?

壺??

それを解説者(夫)に尋ねたところ、北宋時代の陶器などなどのくだりは教えてくれたのだけど、結局何なのか不明。

・・・と思っていたら、
「マ・クベの壺」で実際に商品化されていることを後から知って驚愕(しかもいいお値段)。(メルカリにもいっぱいあった)

なんと今年2021年5月には
「あれはいいものだシリーズ」の

  • Tシャツ(マ・クベ氏とあれのプリント入り)
  • トートバッグ(あれのプリント入り)
  • マスコットポーチ(モチーフはもちろんあれ)

が商品化されており現在は全て完売。

画像引用元:バンダイ公式サイト

 

そして何と
「あれ」がモチーフになった醤油入れもあった。

画像引用元:ガンダムインフォ

どうやらガンダムカフェに行ったら売っているそうな。(実際の在庫状況はお店にお問い合わせください)

すごい!

「あれ」の醤油差し!

 

そしてこれらが完売しているという真実・・・。

恐るべし需要と供給の実態を垣間見た気がします。

あ、結局詰まるところ
やっぱり壺なんだろうか??

音色も
良い感じの

ってことでいいのかな??

 

全話を見終わった後、生活がこうなった

これまで家中に転がっていた
ガンダムグッズの一つひとつが

輝かしく見えるようになりました。

↑こちらは「ガンダム展」で夫が私に買ってきた名台詞入りの手ぬぐい。

 

↑ガンダムに関する大量の書籍、関連グッズ

 

↑家の至るとこに飾ってあったMSのフィギュア (埃と猫の毛がついているのでちゃんとお掃除してほしい>_<)

↑ガンダムのプラモデル。

↑「理想の紫色を作るのに苦労した」と語られたドムのプラモデル。

 

もらった時は

何この手ぬぐい??(-_-)
状態だったのに

今では
どこかに飾ろうかな(^^♪)ルン
状態

新しい世界が
広がる

まさにそんな感覚です。

 

今日のまとめですよ

書き殴っていたら4000文字近くになってしまった・・・。

こんな文章をここまで読んでくださったあなたには、感謝しかありませんm(_ _)m

 

いや、しかし

世界は広い。

まだまだ私の知らない世界がたくさんある。

そんなことを感じている今日この頃です。

これはガンダムに限らずですが、

興味がないものにも
一度触れてみる
ことの重大さをめっちゃ再確認。

こうして人は成長していくのだと実感です。

この後のガンダムシリーズも時間を作って見ていこうと思います^_^(そして死ぬ頃には私も立派なガンオタに)

それでは今日はこのへんで

 

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA