今の状況を受け入れて生きることが大事と思う話

この春から、
陰陽五行論と帝王学の講座で
学んでいるのですが、

ほんと
回を追うごとに
面白くなってきて

受講して良かった!
と思いながら勉強しています^_^

帝王学・・・
という字面を見ると

なんだか怪しい
という感じがしますが^^;)
全然怪しくありません。

「魅力ある人」として
生きるために
別に帝王や女帝を目指していなくても
学んで損はない学問の一つです^_^

経営者の方はもちろん、
イギリスのあのエリザベス女王も
帝王学を学び政治に活かしている
と言われているんですね。

参考 エリザベス女王学んだ「世界最強の帝王学」とは? 「学校に通わずに」身に付けたことは、なにか東洋経済ONLINE

先日の講座で学んだことは

過去を振り返ったり
未来を心配したりしない

現在この瞬間が全て

ということ。

過去も未来も
今現在が連続しているだけ
なんですね。

なので、
今をしっかり生きる
ことが大事
というのが帝王学の教えです。

「前後裁断」という
言葉があります。

これは
仏教の禅宗のから
出た言葉だそうですが、

薪は燃えて灰になるけれど、
灰は薪に戻るわけではない。

でも、
薪は薪としての在り方があって、
灰は灰としての在り方がある。

前後はありますが、
それぞれに「在り方」が
備わっているということです。

過去を悔やんだり
過去にこだわったり、
未来のことを心配したり
することが無意味

という教えなんですね。

今の状況を受け入れる

その中で精一杯生きる

当たり前のことですが、
こうやって改めて教わると
過去や未来にとらわれず

毎日を一生懸命生きよう
と思えるようになってきます^_^

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA