新規のお客さんよりもリピートのお客さんを大切にする方が良い理由

今年もこの季節がやってきた。

iPhoneを含めた
新型Apple商品の発表会です。

この日が来ると
あ〜、今年もこの季節かあ。
としみじみ思います。

いつも日本時間の夜中2時頃から発表会が始まるので、以前はリアルタイムで見ていたのですが、最近はもう眠たいので翌朝にチェックすることに^^;)

新しいiPad miniと、はちょっと欲しいな・・・と思いながらも、今年はこの後に発売が予想されている新型Mac book Proの購入を狙っているので、なかなか悩ましいところ。

あと、もう4年も使っているiPhoneもそろそろ買い替えたいのだけど・・・。

以前よりも家で過ごす時間が長くなったので、写真撮影以外の全ては、この春に購入したこの子(iMac)で事足りるんですよね^^;)

さて。

Appleのニュースを見ていて、
ふと「パレートの法則」を
思い出しました。

「パレートの法則」とは、

19世紀末に活躍したイタリア人経済学者、ヴィルフレド・パレートによって発見された法則。

当時パレートが、ヨーロッパ諸国の所得や資産を分析したところ、どの国も上位2割の人々が国民全体の8割の富を専有していたことが判明したのだ。

引用元:株式会社エルローズ

 

いわゆる
「2:8の法則」
ってやつです。

実はこれ、
これはお店などの
売上にも当てはまっていて

全体の売上は、

よく買ってくれる
利用してくれる20%の人で
8割が構成されていて、

新規のお客様や
購入頻度が少ない80%の人が
残りを2割を構成している

ということ。

図にするとこんな感じ

もちろん全ての業種に当てはまるわけではないですが、一般的にはこうなっているそうな(よく考えたら私自身もそうだった)。

iPhoneだってそうですよね。

まだまだ使える機種を保持していながら、新商品の発表があると欲しくなるという「熱狂的なファン」が、売上を構成しているのではないかな、と思います。

でも、でもでもでも。

日頃利用しているサービスを
思い出してみると

新規のお客さんには
特典どっさり

リピート客の人には
特典ほとんどなし

ということがいっぱいあります。

携帯電話の会社や
ひかり回線の会社なんて、

新規契約すると
1年間タダだったり
割引だったりしますが
その後はほとんど何もなし。

美容室や飲食店も
初回来店は50%引きだったりするのに、
リピート来店の時は何もなし
だったりします。

でも、よく考えると
なんかおかしい話ですよね。

本当だったら

ファンになってくれている
8割の人に特典をつけて
更にファンになってもらった方が
良いのでは?

と思います。

↑ちなみにこちらは、
私のクライアントさんが作っている基礎化粧品。

このクライアントさんの仕事をやっていた時に、

「一度使ってみて!」と言われサンプルでもらったので、最初は義務感で使っていたのですが、想像の斜め上をいく使い心地だったので、プロジェクトが終了しても一人のお客としてオンラインで何度もリピートして購入しています。

そして私が注文する度に
いつも6,000円相当の化粧水をおまけでプレゼントしてくれるんです。

もらう度になんだか恐縮してしまうのですが、それを伝えると

いや〜、
何度もリピートしてくれて
本当に嬉しいですー!
これからも使ってくださいね!

と返信がきます。

別にプレゼントを期待しているわけではないですが

こうやってもらうと
やっぱり嬉しい

使い心地もいいし、こうやってプレゼントもしてくれるし、ますます一人のお客としてファンになってしまいます^^;)

 

Appleにも長年利用したら何かプレゼントくれないかな・・・・。

オリジナルのりんごの置物とかでもファンは喜ぶのではないかしら?と思う今日この頃です。

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA