比較サイトで引越し業者を選んでみたが、全く比較できなかった話

今から丁度5年前の2015年2月、
一人暮らしをしていた東京のマンションから、現在の千葉県柏市に引っ越しする時、引っ越し業者さんを、インターネットの「引っ越し業者比較サイト」で何気なく、かる〜い気持ちで検索した時の話。(当時無知だった)

サイトに電話番号とメールアドレスを入力した私の元には、

12時間の間に
着信30件、
メール受信50通以上という
連絡が届きました。

しかも、
私はこの「比較サイト」への入力を夜中の1時頃に行っていたのですが、入力を終えた5秒後には、1本目の着信が。

1時なのに、

もう1回書きますが、
夜中の1時に、

他人の電話を鳴らそうと思う引っ越し業者の営業さんには、頭が下がる気持ちと「時間考えろや(怒)」という気持ちが入り混じった複雑な夜を過ごしたのを、つい先日のように思い出します。

引っ越しや車査定などの「比較サイト」の類を利用した方には、このなんとも言えない連絡の多さについて、ご理解いただけると同時に、私と同じような気持ちになった方も多いのではないかと思います。

しかも、
電話に出た20件(あとの30件は無視)
ほぼどの業者にも共通していた営業トークは
「他社よりも安くします」
でした。

引っ越し業者、車査定業者だけではなく、他の業種にも同じことが言えますが、私達が選択できる業者の数は過剰にあり、同じようなサービスで、同じような価格の商品やサービスが、至るところに溢れかえっているのが現状です。

だから他社と差別化をするため、お客様から選ばれるために、一番差別化を視認しやすい数字を見せて、「ウチの方が安いです」「他よりも安くします」と価格のことを一生懸命訴えてくるんですね。

先ほどの引っ越し業者さんで一番安い価格を提示してきたのは、作業員さん2人+2トントラック1台で2万円でした。

2人の人と、2トントラックを1日動かして2万円。

今思うと、この引っ越し会社は
「自分で自分の首を絞めている」としか思えません。
(今も元気に営業しているのだろうか?)

こうやって価格で競争し続けた結果、閉店・廃業に追い込まれる店舗や会社の話を聞くと、残念でならないし、とても悲しい気持ちになります。

だから、本当に価格で勝負するのではなく
「あなただからお願いしたい」
「あなただから買いたい」
とお客様に思ってもらうことが本当に必要です。

「あなただからお願いしたい」と
言われれば、
価格で競争する必要もなくなるんですね。

なぜなら「ご指名」が入っているからです。
好きなアイドルのCDを何枚も買ったりするのと同じ気持ちです。

そのように
「あなたから買いたい」と言われるためには、
お客様の役に立ち、共感してもらえるような内容を整理して、発信していくのが良い方法の一つです。

冒頭から書いている引越し業者さんも、
・どのようなお客様の役に立ちたいか
・お客様にどのようなハッピーを届けられるか
などをコツコツ発信しているWEBサイトなり、チラシなりを作って発信していけば、価格競争に巻き込まれずに、「比較サイト」に掲載することなく、引っ越したい人の心を掴むことが十分可能だと思います。

私もこれまで7回の引越しを経験しましたが、
「この引越し業者さん、良かったなー」と感じるのは、引越し先で荷物を入れる時に一番感じます。

何故なら、ダンボールをテキトーに積み上げず開けやすいように的確な場所に置いてくれたり、解体した組み立て家具をささっと組み直してくれたり、細かい気遣いが一番見える気がするからなんですね。

あとは後日ダンボールの回収をしてくれれば、もう言うことありません。

もしこんな発信をしている引越し業者さんがいれば、もし次回引越しをしたい時は高くてもお願いしたいと思うんだけどな〜、と感じる今日この頃です。

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA