満員で断ったお客さんにもう一度来店してもらう工夫の話

先週末、
久しぶりにオットと

焼肉を食べたい
という話になり、

近所の焼肉屋さんを
訪れた時の話。

訪れた時、
まだ18時くらいで
外も明るかったんだけど、

お目当てのお店は
なんと満員>_<

予約のお客さんで
既にいっぱいだそうで、

「今からですと
ご案内が20時くらいに
なっちゃうんです・・・」

と店員さんが
申し訳なさそうな顔で
対応してくれたんですね。

流石に20時まで待てないので^^;)

「じゃあ、いいでーす」と
言ってお店から出ようとした時、

店員さんが、
「本当にごめんなさい>_<
またご来店お待ちしていますね!」

という言葉と一緒に、
こんなカードを渡してくれたんです。

それは、

ごめんなさい
クーポン

いろんな飲食店で
満員だから断られる経験を
しましたが、

「ごめんなさい」と
謝っているクーポンを
もらうのは初めてです。

このクーポンを
次回持っていくと、

  • 最初の1杯ドリンク無料
  • デザートのアイスが無料

になるんだそう。

 

私はクーポンを撒き散らす
お店はあまり好きではないのだけど^^;)
(ごめんなさい、個人の感想です)

こうやって

満員で入れなかったけれど
次回来店の導線を促すための
クーポンはいいな♪

と思いながら
別のお店で焼肉を食べて
帰ってきました。

 

焼肉のお店も
街中にいっぱいあります。

なので
「満員です」と断られても
他のお店に入ればいいだけの話で、

他のお店で済ませられれば、
最初に断られたお店のことなんぞ
もう忘却の彼方です。

でもこうやって
「今日は満員だったけど
また来てください!」
と言われながら

「ごめんなさい」と
書かれているクーポンをもらうと

「次また行こうかな」
と思えてしまいます。

クーポンが正しい!
とはこれぽっちも思いませんが、

こうやって
渡すタイミングと
書かれている内容の
工夫次第で

クーポンも立派な
販促の一つになる
んじゃないかと

ほんのりと
「クーポンいいじゃん」
と肯定派に寝返りそうな
今日この頃です^_^

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA