深刻な紙不足のニュースに思うこと

今、深刻な「紙不足問題」が私の頭を悩ませています。

紙と言っても、トイレットペーパーやティッシュなどの紙ではなく、チラシやカタログに使われる紙、「用紙」のこと。

もし、チラシやカタログ、冊子、パンフレットなど紙媒体に関わっている人ならばしばらくはかなり要注意。何にも知らずにいつも通りの気持ちでいると、発注時に「えっ!?間に合わない!!!」と青ざめてしまうこと間違いなしです。

先週頃からはついに日本経済新聞や、NHKのニュースでも取り上げられるくらい事態は超深刻。恐らく長くて今年いっぱいは続きそう且つ、今後もこのような事態がちょいちょい起こりそうです。

参考 紙が足りないNHKニュースWEB

私がこの紙不足に気づいたのは、2月中旬の頃、仕事でポスティング用のチラシ印刷をいつも利用しているネット印刷で30,000枚手配しようとした時でした。

「あ、あれ?30,000枚のボタンが消えてる・・・
おかしいな、なんで?」

注文画面をよく見ると、「お客様へ。一部注文制限のお知らせ」というコーナーが出現しており、10,000枚以上の注文や翌日配送などの注文については注文を受け付けないか、制限しているとのこと。

他のネット印刷会社を調べましたが、どこも全く同じ。大量枚数の印刷物に関しては注文を制限。その時は、30,000枚の注文を3回に分けて何とか手配を完了させましたが、この時期毎年担当している100ページ強のカタログの仕事は、カタログの総ページ数がもうアウト対象。これまでのネット印刷会社には発注をすることができず、大手の印刷会社に依頼することに。当然ネット印刷会社よりも割高なので、これまでの印刷代金では請け負うことができなくなってしまいました。

ここまでの紙不足はかなり深刻で、ニュースではオイルショック以来の深刻ぶりだという報道もあります。
原因は、昨年頻繁に起こった災害(北海道の地震や西日本の豪雨)の影響で製紙工場が一時休止したことや、その後にも相次いだ工場火災などのトラブルが原因で生産が落ち込んだことが一因だそうですが、そもそも、紙の需要が減っているので製紙業界自体が生産規模を縮小しているという話も。
確かに紙の需要は減っています。出版の不況や電子化の進展で印刷用紙の需要は2006年のピークの6割水準まで減っているそうです。

今年の夏は選挙もあるし、紙の需要はあるはずなのに・・・。なんだか矛盾している話です。

WEBでも紙でも大切なのは中身

時代は確かにペーパーレスの時代。
WEBどころか動画も出てきちゃって、印刷ではどう頑張っても太刀打ちできませんし印刷物に対しては悲観的な意見が20年ほど前から囁かれています。

ですが、私は紙媒体自体は決してゼロにはなることはないと思っています。大きい業界から見たら需要は減っているかもしれませんが、身近なところや私たちの取引のある業者ではまだまだ紙は必要な大切なもの。

また「リアル」をつなぐ媒体としてとても大切な役割をしているようにも思います。

例えば
日本を代表する文化になっているコミックマーケットで売られている同人誌はやっぱりまだまだ紙。コスプレをしたり好きな作家さんに会いに行くというネットでは絶対に味わえない「リアル」な体験が何よりも大切なイベントです。
もしこれがネットから同人誌をダウンロードできるイベントに、コスプレは専用サイトでご覧ください、に変わってしまったらもしかすると衰退する文化になっていくかもしれません。

博物館の図録や美術館のパンフレットも「QRコードを読み取りダウンロードください」に変わったら、何だか味気ないですよね。

そしてもう一つ、いつも思っていることは
WEBでも紙でも、大切なのはその中身。
どちらも形が違うだけで、媒体の種類の一つには変わりありません。
「簡単に情報が伝わる」けれども「内容の濃い情報」かどうかは全くどの媒体でも全く関係なし、条件は同じです。

WEBは、発信もキャッチも確かに簡単で便利。
便利だけどしっかり中身が伝わるようなクリエイティブをしていきたいなと思います。
簡単だからこそテクニックばかりにとらわれず、内容に気を使いたいですね。

あ、あとSNSやブログなどネットで書いた悪口も罵詈雑言も都合が悪くなったら消せばいいやーと思っていてもダメでございますよ。
過去を遡れる検索ツールなんかもありますし、WEBの拡散力を甘くみていると大変なことになります。(現に私のこのブログも誰もみていないと勝手に思い込んでいましたが、そんなことはなかった)一度投稿した自分のつぶやきは一生消えません。

紙は一度印刷すると訂正が大変ですが
(↑何度も何度も地獄を見た)
WEBだって同じ。
一度書いたものは削除しても、世の中には残るのです。

文章やデザインを発信している私としては、媒体が何になっても載せる内容には毎回変わらぬパワーを注いでいきたいと思います。

とりあえず、紙よ・・・。
価格競争なんてもうしなくて良い、高くても利用するから、印刷屋さんには頑張ってほしいと願うばかりです。

それでは今日はこの辺で

ーいつもお読みいただきありがとうございますー
セールス専門コピー&デザインご依頼はこちらから
お問い合わせはコチラから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA