受け取ってすらもらえないチラシは資源と時間のムダですよの話

今日、打ち合わせの行き帰りに駅前を歩いていると、珍しく(しかもこのご時世に)手配りでチラシを配っている方がいました。

その駅を行く時の16時と帰ってくる21時に利用したので、少なくとも5時間は同じ場所で手配りをしていたはずです。

しかしまあ、配っている人のやる気のなさ・・・というか何というか、何かを言いながら手渡してくるですが、配っている方もマスクを着用しているので、何を言っているかこちらは全く聞き取れません。

配っている人も多分「お前行ってこい」みたいな感じで言われて「しんどいなあ」と思いながら配ってんのかな・・・、とうすらぼんやり考えてしまいます。

それでも私はその方からチラシを受け取りました。

ちなみに私は、自宅に入っているチラシやDMは、どんなにしょっぱいものでも必ず1枚1枚目を通し、参考になりそうなものはファイリングしています(参考になりそうなものはあんまりないのが正直なところだけど)。

こんな変わった趣味を持つ私のような人はともかく、何を喋っているか全くわからない人から、チラシを受け取ろうとフツーは思いません。

しかも今この状況で、他人から手渡しで何かを受け取ることに抵抗のある方も多いのではないかと思います。

ただでさえチラシの反応率は低いもの。

まして受け取ってもらうことさえできなければ、そのチラシの制作費や印刷費も配っている人の時間も、全てが無駄になってしまいます。

そうでなくても、チラシは最後には結局ゴミ箱に入ってしまうものです。

サスティナブルな現代に、貴重な資源と、そして人と時間とお金を使うのであれば、せめてせめて受け取ってもらえるような掛け声をかけなかがら、配ってほしいなあーと思う今日この頃です。

それでは今日はこのへんで

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA