「私が頑張って作りました!」だけじゃダメですよの話

先日、夫がオープンするからあげ専門店の話を書いたのですが、

メディアに取材されることよりも目の前のお客様を大事にしたい話

そのオープンに伴い、夫はからあげを作る工程と材料を一から見直していました。

ここ2週間ほどは関係者の方にお越しいただき、その「新からあげ」をご試食いただいたのですが、私自身も自宅で試食に試食を重ねてきました。

作る側の大変さも間近で見てきたので、その苦労も十二分に理解していているのですが、ここは冷静に「よかったところ」と「改善してほしいところ」を第三者の目で伝えるようにしています(おかげで時々ケンカにもなりましたw)。

なぜなら
「自分が売りたいもの」
は必ずしも
「他人に受け入れられる
ものではない」
ということを
私は仕事を通じていつも思うからです。

夫のからあげに限った話ではありません。

自分が作った商品、企画したイベントなど、準備はとても時間がかかるし大変なので、完成した時は気持ちが高ぶり「うぉー!これはいけるで!」と思いがちですよね。

私の仕事もそうです。
グラフィックデザインもコピーも制作にはとても神経を使うので、出来上がった後は「おー、私ってばなかなかやるじゃねーの」となりがちですが、ここで超冷静になることは本当に必要。

半日か一晩くらい寝かせて一度冷静になり、第三者の目で見直すことは本当に欠かせません。

「私が頑張って作りました!」
「私が徹夜して企画しました!」
だけで商品が売れる世界だったら、世の中はもっと景気が良くなっているはずです。

熱い気持ちはもちろん必要ですが、
どんな時も

誰に売るのか?

その商品が誰のどのような役に立つのか?

どのような悩みを解決するのか?

これはセールスコピーの基本中の基本でもありますが、本当にここを忘れることなく話を進めていきたいと思う今日この頃。

私も基本的には熱い気持ちを持っている人が好きですが、仕事として関わる時は常に冷静な目で判断できる立場でありたいと改めて思います。

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA