刺激のある言葉は使っちゃいけないと思う話

どーしてもネットを見ていると、
読みたくなくても目に入ってくる記事が、

例の某牛丼屋さんの
マーケティングの偉い人が
発言した件。

最初その発言内容をニュースで読んだ時、
内容にも驚きましたが、

正直な第一印象は
字面ぱねぇ!!
と思ってしまいましたf^_^;

日常的に使っていないと
なかなか思いつかない単語やで…、
と感じたのが正直な感想です。

今回も燃えに燃えて、
まだ燃え続けていますので、
早く鎮火いただければ…、
と願わずにはいられません。

 

さて。
毎回こうした所謂「炎上」する
発言や文章を見て改めて思うことが、

刺激的な言葉は
本当に取り扱い要注意
だということ。

それに気がつかない方は
おっさんおばはんだろうが
若い方だろうが、
発信はお控えいただいた方がよろしいかと…
と個人的に思います。

私も普段コピーを書いていますが、
ひと昔前の5〜6年ほど前は、
まだまだ人の気持ちを煽って不安にさせるような
コピーがいっぱいあったんです。

(まだ○○で消耗してんの?
という型も煽りジャンルだと
個人的には思いますf^_^;)

ちなみに
少し前の記事ですが、こちらもご参考にどうぞ♪

もう使いまわされて古臭い(!?)と感じるキャッチコピー5選

刺激的な言葉は
確かにわかりやすいし伝わりやすいし、
人の感情を動かすのにとても効果的です。

だけど、
もう刺激的な強い言葉を
公で使う時代ではない
と思うんですね。

これからは
共感できる発信が必要

と改めて思います。

正しい理屈はもちろん大事だと

ネットのニュースは
その問題になった一部分だけが切り取られるので、全てを鵜呑みにするのは良くないと思いますが、

そうやって一部分だけ切り取られる
世の中だからこそ
言葉選びは大事にしたいと思う
今日この頃です。

それでは今日はこの辺で。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA