また欲しい!と思わずにはいられない洋菓子店の話

先週末、急遽不要不急の用ができ久しぶりに若かりし頃を過ごした関西方面へ。

本ブログでも、
時々私の地元、神戸の焼き菓子をご紹介していますが、

神戸に在住していた私が本気でおすすめしたい神戸土産

神戸ー芦屋ー西宮ー尼崎(いわゆる阪神間)で
営業している洋菓子専門店さんは、

本当〜〜〜に
レベルが高い!!!!

ちなみに私は、阪急神戸線の御影駅(みかげ)の近辺にずっと住んでいましたが、その昔御影駅の周りなんぞスーパーやコンビニなどの生活必需品を扱う店舗よりも、洋菓子店さんの方が多かったことを思い出します。

関東にも美味しいお菓子屋さんは
たくさんありますが、
阪神間で出会うお菓子屋さんは

「絶対また買いたい!」と思わせる体験
を、いつももたらしてくれるんですね^_^

さて、
そんなわけで先週末は慌てて関西まで
すっ飛んで行ったのですが、

大阪駅でほんの少しだけ時間があったので、
久しぶりに梅田の阪急百貨店さんに。

 

そこで偶然にも以前から気になっていた洋菓子専門店さんが、イベントで出店されておりつい立ち寄ってしまいました。

その店舗は
洋菓子店リビエールさん。

店舗は阪急神戸線・武庫之荘駅にありますが、2021年3月15日まで阪急百貨店で開催されていたイベント「第4回 クッキーの魅力」に出店されていました。

 

リビエールさんは、繊細すぎる装飾と味のケーキ達が、ツイッターやインスタグラムで話題になっていますが、

私が気になっていたのはこちら↓

画像引用元:婦人画報のお取り寄せ

先代の営業時から販売している、このちょっとレトロなデザインの缶にぎっしりと詰め込まれたラングドシャです。

しかも、
缶の正面には猫のエンボス加工が・・・。

猫好きには
たまらん!!

最近は武庫之荘まで行く機会がなく涙を飲んでいたのですが、立ち寄った大阪で偶然にも手に入るなんて・・・、感動の極み。

(イベントではこの1種のみのでしたが、武庫之荘の店舗には他にも別デザインの缶に入ったお菓子があります)

迷わずに一つ買って帰りました。
(バッグに余裕があったらもう一つ欲しかった・・・)

危険な美味しさなので、
禁断の一気食いが
できる
ほどです(マジで危険)

しかも、
包装紙、ショッパーも全て全部素敵。
個人店でもしっかりデザインにこだわっているところが本当に好きです。

そして、中にはシェフからのメッセージ付き。

メッセージの中には、

なぜラングドシャを
販売しているのか

シェフと
ラングドシャの思い出

味の秘密

などリビエールさんにしか発信できないストーリーが語られています。

そして、シェフ自らもツイッターで日々ご自身のお店について発信をしています。

ちなみに、
リビエールさんの公式ホームページは2021年3月現在、運営されていない様子。

ホームページを持たずとも、ツイッターやインスタグラムで毎日発信を続けることで、多くのファンを増やしています。

ただ可愛い、美味しいだけではなく、
こうやって発信しているところにも、学ぶ点が多いと感じています。

そう、ラングドシャも世の中にたくさんありますよね。

だけどこうやって

・素敵なパッケージデザイン

・ラングドシャのストーリー

・シェフ自らの発信

を一度体験すると、
次も何かの贈り物の際に「またこのお店を利用したいな」とイチ洋菓子ファンとして実感します。

ご紹介したラングドシャは、残念ながら現在ネットでは入手しづらいのですが「婦人画報のお取り寄せ」にて取り扱いがあります。(ただし常時売り切れ状態なので入手まで数ヶ月かかることも)

コロナの影響で、なかなか神戸近辺まで立ち寄る機会がないのですが、今度はぜひ武庫之荘のお店にも立ち寄りたいと思う今日この頃です。

それでは今日はこのへんで

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA