「職業=自分」になることが大事!と思った話

数年前に、一人のプロを特集するNHKの長寿番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」に、サッカー選手の本田圭佑さんが出演されたことがありました。

mooinblack / Shutterstock.com

参考 独占インタビュー エースの覚悟プロフェッショナル 仕事の流儀(NHK)

私、サッカーにはあまり詳しくなく、

本田選手についても

・日本代表選手(当時)

・腕時計を両腕につけている

・白いスーツを着ている

・日本から移籍先の現地まで頻繁に美容師さんに来てもらっている(ビジネスクラスで)

など、ワイドショーで放送されているような薄っいことしか知らず恐縮なのですが^^;)たまたまこの回の放送をリアルタイムで視聴していたんですね。

さて、この番組では一番最後に
「プロフェッショナルとは?」
尋ねるお決まりの
“定番質問”がありますが、

この質問に本田選手は

「プロフェッショナルとは
ケイスケホンダ」

と堂々と答えています。

↑この回答に対して
ネット上やスポーツ新聞では

プロフェッショナルとは?で
自分の名前てwwww

フツー言う???www

なんてコメントが、放送終了の当時相次いでいたことを思い出します。

でも

私は本田選手のことを詳しく存じ上げませんが、

一つ思うことは

職業=自分

超重要!!!!

ということです。

世の中には、似たような商品やサービスが溢れかえっています。

私はコピーを書きデザインを制作しますが、同じことをしている人なんてゴマンといます。

そんな中から、選んでもらい、リピートしてもらい、仕事をして、お米やお味噌を買って生活しているわけですから、ありがたい話です。

そういえば(最近は控えていますが)
たまに夫と一緒に外食にも出かけます。

その時に選ぶお店は、
シェフや料理長と顔見知りのお店ばかり。

あの人が
作ってくれるから
食べに行こう

と「人」でお店を
選んでいるんですね。

もちろんお料理の内容や味は、
間違いなく絶品です。

でもそれ以上に

あなただから
食べたい!

と思ってお店に行っています。

料理人の方も、コピーライターも、デザイナーも、カメラマンも、他にもありとあらゆる職業がありますが、

あなたから
買いたいと
言われるように
ファンを作る

ことが、
これから本当に大事
なのではないかと思います。

これは詰まるところ、

職業=自分
です。

プロとして
自分を選んでもらえるか?

本当に大事なところです。

私がクライアントさんのホームページやランディングページを作る時も、本当に要であり肝になる部分です。

デザインを
作るからには

人で選ばれる
クリエイティブを
作る!

これからもそこにフォーカスしたクリエイティブを作ります^_^

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA