好かれたければ「ギャップ」を持つと良い話

先週アップしたこちらの記事。

40歳の女が前知識ほとんど無いまま人生初「機動戦士ガンダム」全話を観た話

なんといつもに比べて10倍ものアクセスが^^;)

こんな「40歳の女がガンダムを鑑賞をした感想」を、しかも4000文字の長文を、お読みいただきまして本当にありがとうございますm(_ _)m

時々こうやって、人柄や趣味が伝わる話も書いていますので、引き続きお読みいただけますと感無量です(T_T)

 

さてさて今日は、

「人から好かれるための条件」について書き留めておこうと思います。

この「好かれるための条件」は、私の友人でもあり先輩でもある方から聞いた内容なのですが、本当にその通りだと改めて思っています。

それは

ギャップを作る

ということ。

先ほどの「ガンダム記事」が好かれる理由になってるのかどうかわからないけれど、いつもの10倍アクセスがあったということは、少なくとも(こんな記事でも)興味を持った人が多いという証拠。

例えば、
すんごいバリキャリの女性が、オバQのスマホケースを使っているとか。

ものすごく強面の男性が、犬を溺愛していたり、バラの花を大事に育てているとか。

すんごい真面目そうな人が、ハーレーダビッドソンに乗って北海道周遊しているとか。

「え?この人が??」と
思わせるギャップを作ることが、
好かれる一因になる

ということ。

もちろん、
「いい人に見えて実は悪い」のはNGで、
プラスに働くようなことを
出していくのがいいんですね。

Blueee77 / Shutterstock.com

 

ちょっと昔の話をします。

私の場合、
20代の頃モテたくて(恥)、
普段は(今は亡き)セシルマクビーの洋服を着ていました。

会社に行く時ももちろんセシルマクビー。

ひらひらのスカートとか履いて、髪の毛も黒髪のロングストレートです。

その姿でクライアントさんのところへ行って、デザインの打ち合わせをしていた時のこと。

一通り話が終わって雑談をしていた時のことです。

クライアント
「ニシさんて休みの日は何してるんですか?」


「え。あ、そうですね・・・。
音楽とか聴いてます・・・。」

クライアント
「へえー。どんな音楽ですか?」


「あ。ロックが好きなので
部屋で流しながら掃除とかしてて・・・」

クライアント
「ふうん。B’zとかですか?」


「あ、いえイギリスの・・・。
洋楽が好きなので・・・、
オアシスとかなんですけど・・・」

クライアント
「え?そうなの??」


「はい・・・、
最近はレッド・ツェッペリンとか
よく流してて・・・」

クライアント
「え!?レッド・ツェッペリン???
意外すぎる!」


「そうですか。
昔からこんな感じで・・・」

クライアント
「だってそんな感じだったら
クラシックとか聴いてそうだし、
バイオリンの経験とかありそうに
見えますよ!」

(やべー。本性がバレた)
とその時は思いましたが、

その後、クライアントさんと更に仲良くなり、今まで以上にコミュニケーションをたくさん取れるようになりました。

一時期はCDの貸し借りまでするようになっていたんです。

 

残念ながら、プライベートではそれほどモテませんでしたが(T_T)クライアントさんからは意外と可愛がってもらえました。

今では髪の毛も金髪になってしまい、バンドTシャツとデニム姿でウロウロする生活ですが、

こんな格好で
「ツェッペリンを聴いています」
と言っても

「そうだろうね」
となりますよね。

 

だから、
先日アップしたガンダムの記事も、

40歳の女が前知識ほとんど無いまま人生初「機動戦士ガンダム」全話を観た話

日頃からは想像できないような内容だったので、(好かれているのかわからないが)もしかして興味を持ってくださった方が多いでは?と推測しています。

マイナスイメージになるようなギャップはNGですが、「え、意外!」とプラスに働く印象を出すと、さらに相手との距離が縮まります。

リアルなコミュニケーションはもちろん、発信でも「良いギャップ」を感じられる内容をアップしていきたいと思います^_^

それでは今日はこのへんで

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA