時に起こるトラブルも良い経験になる話

先日、ネットのニュースを見ていると、こんな記事が目に留まりました。

それはコチラ。

フリーランス4割がトラブル経験 立場の弱さ浮き彫りに、連合調査

組織に属さないフリーランス労働者の39.7%が、報酬の支払い遅れや不払い、仕事の内容変更といったトラブルを1年以内に経験していたことが18日、連合の調査で分かった。立場の弱さが浮き彫りになった。

20~59歳のフリーランスを本業として働く千人にインターネットで10月に調査。具体的な内容(複数回答)は「報酬支払いの遅延」と「一方的な仕事内容の変更」がいずれも29.5%で最多。「不当に低い報酬額の決定」「一方的な継続案件の打ち切り」が続いた。

トラブルを経験した人に対処方法を複数回答で聞くと「何もしなかった、できなかった」が31.2%に上った。

引用元:共同通信(Yahooニュース)

ほほう…。
実に4割、約半数以上の人が
トラブルを経験したという話です。

でもこのニュースを読んで
私はこう思います。

だからなんやねん?と。

そりゃトラブルは無いに越したことは
ありませんが、

トラブルがあるのが
フリーランス。

トラブルが起こった時、
(もちろん人の助けは借りて良いけど)
自分で解決するのが
フリーランス。

これが当たり前だからです。

あまりトラブル自慢は
したくありませんが…
私もフリーになって
様々トラブルに見舞われました。

作ったのに払ってもらえない

請求書送ったら
連絡がつかなくなった

夜中に叩き起こされる

突然仕事が来なくなるなんて
しょっちゅうでした。

あ、でも泣き寝入りは良くないので、
明らかにクライアントさん側に
何か問題がある時は
こちらも専門家の方と一緒に
対応するのがベストなのですが。

でも、それも今となっては
トラブルとしての苦い思い出、
というか、

ああ、そーいえば
そんなこともあったかね
くらいの感覚です。

そして、そんな過去の出来事を
自分も甘かったなああああ、
と省みる材料にしています。

そして済んだら
もう忘れて次の仕事を頑張る!
これに尽きます。

もちろん
トラブルに遭わないに
越したことはありません。

だけど、
そんなトラブルも含めて
楽しいフリーランス生活です^_^

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA