本当に好きな人と一緒に働くために知っておきたい話

先日、私が表紙装丁を手がけた
こちらの書籍をいただきました^_^

こうやって自分の手がけたデザインが、
実際に製品になっているのを見ると
何歳になっても
やっぱり嬉しいものです^_^

(↓こちらからご購入いただけます)

さてこちらの本は、

・採用してもすぐ辞めてしまう
・求めている良い人材が集まらない

など、
良い人を採用するための考え方が
書かれている一冊なのですが、

一人で切り盛りしている
個人事業主の私が読んでも
とても気付きが多い内容でした。

もちろん、
中小企業で採用に困っている
経営者や人事担当者さんには
ぜひお読みいただきたい一冊です。

私自身は1社しか勤めた
経験がないのだけど、

その狭い経験の中でも
「採用って難しいなあ」と
感じながら過ごしていました。

新しい人を採用しても
1ヶ月で辞める人はもちろん、
中には3日で辞める人も^^;)

このように
採用した社員さんが定着しないのは、

求人のキャッチコピーを変えるでも、
魅力的な職種に見せるでもなく、

一番大事なのは、

会社の「理念」を
ちゃんと作る

ということ。

詰まるところ
自分がどういうビジョンを
描いているのか

そんなことに
気付かされる一冊です。

↑こちらは「ビジョナリー・カンパニー2」という「7つの習慣」に次ぐ名著と言われている一冊ですが、この書籍の中にも、

同じバスに乗る人を
決める

ということが書かれています。

つまりは、
採用する時は
会社の「理念」に
合った人を雇うべき

そうでない人は
同じバスに乗せてはいけない

ということなんですね。

「最近の若い人は・・・」と
人のせいにするのは簡単。

けれど、
本当に一緒に働きたい人に
集まってもらうためには

人のせいにする前に
まず自分自身を振り返る

ということに気付かされます。

これ、会社だけに
当てはまることではないですよね。

好きな人と仕事をする
という言葉をよく聞きますが、

その前に
自分自身がどうありたいか
どういう仕事をしていきたいか
どのように社会に貢献できるか
など、

人を選りすぐる前に
まず自分やで!

と改めて思います。

採用担当の人や経営者さんにはもちろんですが、好きな人とだけ仕事をしたい!と思っているフリーランスさんにもぜひご一読いただきたい一冊でございます^_^

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA