なぜ福袋は毎年飽きられることなく売れ続けるのか?

コロナウイルスが
流行ってからというもの、

ここ2年ほどのお正月は

実家に帰らず、
かと言って旅行にも行かず、
いつもと全く変わらず
家に引きこもる三ヶ日なので、

今年も1月1日から
仕事をして過ごしていました^^;)

唯一いつもと違うのは
お昼から贅沢にいただくお節料理。

今年も柏の日本料亭・風の音さんの
お節料理をいただきました^_^

そしてさらに今年は、
約20年ぶりに、

福袋を購入してみました^_^

チョイスしたのは
恵比寿にあるブティック、
マッセンメンシュさんの福袋。

トレンドだけを追わず、
長く愛用できるお洋服が揃う
このブティックが大好きで、
今年は20年ぶりにこのお店の
福袋にチャレンジしてみました^_^

中身は、
なんと価格の5倍以上のお洋服が
入っていてちょっとびっくりしたのですが、

なんでもこちらの福袋、

仙台式
なんだそう^^;)

私も初めて知ったのですが、

宮城県仙台市は
昔から
初売り・福袋に
ものすごく力を入れている
んですね。

参考 仙台初売りとは仙台初売りドットコム

ちょっと検索してもらうと
その凄まじい力の入れようが
おわかりいただけるかと思います。

福袋を買うために
晦日あたりからテントを張る
なんてすごいですよね^^;)

そういえば、
最近はアマゾンでも福袋が
売られています。

しかも
中身の見える福袋
なんてのもあり、

それ、福袋ちゃうやん、
ただのセールやん。

と思ってしまいます^^;)

でも、でもでもでも!

中身が見えていよーが、
昨年の売れ残りが入っていると
わかっていよーが、

毎年毎年「福袋」という
ワードに心躍る
方達が、たくさんいらっしゃるんですね。

 

ちょっと福袋から話は逸れますが、

あのスターバックスは
毎年毎年、

常に季節に合ったドリンクを
SNSで大々的に告知することが
集客に成功している一つの要因
だと言われています。

季節に応じた
商品やサービスを出す

↑実はこれ、
ものすごく大事なことなんですね。

なぜなら
「話題性」があるからです。

期間限定であることも
お客さんの心をくすぐる
良い要素ですよね。

残念ながら私は
コーヒーの上に乗っかる
ホイップクリームがキツくなったので(年)
スタバに行っても
1年中ホットコーヒーですが^^;)

季節に応じた
話題を提供することって
本当に大切です。

なので、
福袋もやっぱり今でも
並んでまで買う人が
たくさんいるのではないか
と思います。

毎日仕事をしていると
あっという間に1年が過ぎ、
季節を感じるヒマすら
なくなりがちだけど、

商品やサービスを提供するのであれば、
やっぱり季節を感じられる内容を
発信した方がいい

と改めて感じる
今年のお正月でした^_^

さて三ヶ日も終わったし、
本格的に仕事してまいります。

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA