日本初上陸、丸ごと可愛いフォションホテル京都に泊まってみた話

先週末は久しぶりに京都を訪れたのですが、ちょっと奮発しまして、以前から気になっていた「フォションホテル京都」に宿泊してきました。

フォションホテル京都はフランス・パリに続き、世界2号店目のフォションブランドホテル。

フランスのおパリで、1886年に創業した美食ブランド「FAUCHON」の世界を丸ごと堪能できるライフスタイルホテルでございます。

昨年2021年3月に京都でオープンして以来ずっと気になっていて、今回運良く人気のアフタヌーンティーの予約も取れたので、思い切って泊まってきました。

滞在の一部始終をここに綴っておきますので、ご宿泊の参考になれば嬉しいです^_^

 

全部持って帰りたくなるキュンすぎなデザイン

京阪電車「清水五条駅」から徒歩5分くらいの場所にあるフォションホテル京都。

チェックインなどの手続きをするレセプションは10階ですが、もう既にこの時点で丸ごと持って帰りたくなる内装ですよ・・・。

ところどころに京都らしさを感じるアートやオブジェが飾ってあるのも素敵でございます。

また、チェックインの手続きをする時に、ウェルカムティーとフォションのマカロンが用意されます^_^

私はアフタヌーンティーを予約していたので、この時はいただかず、マカロンを部屋に持ち帰ることにしました。

 

んで、お部屋はこんな感じ。

かわいい……。
全部かわいい…。

全部欲しい…。

洗面所もかわいい…。

いちいち全部
かわいいじゃねえか・・・。

ちなみにアメニティも全てフォションブランドで、シャンプーやボディソープもめっちゃいい香りがします。

(写真撮り忘れましたが)ドライヤーはダイソン製。

これ以上ないくらい充実のアメニティでございます。

ちなみにお部屋のテレビは、フランス語のチャンネルも映りますので、おフランスに旅行に来たかのような雰囲気を味わえます^_^

(フランス語は全くわからないけど)私も部屋で視聴してみましたが、フランスで起こった凶悪犯罪の特集ニュースが流れており、10分ほどで電源オフにしてしまいましたが^^;)

 

また、こういう細かいところも、フォションホテルらしさがデザインされています。

 

そしてこのピンク全開の冷蔵庫のようなものは、フォションホテル京都の特徴の一つである室内設備のグルメバー。全てのお部屋に備え付けてあります。

中を開けるとフォションのお菓子と、ティーセット一式が揃っています。

お部屋にあるフォションの紅茶やコーヒーと一緒に、お部屋の中で優雅なティータイムを堪能することも可能なのでございますね。

そしてなんと、グルメバー内のお菓子群はサービスとのこと。お土産として持って帰ることもできます!

フォション太っ腹だね!!!!!!

(↑宿泊費に含まれてる)

 

アフタヌーンティーは平日でも予約必須でっす!!!

運良く予約できたアフタヌーンティーは、2階のティーサロンでいただきます。

こちらのアフタヌーンティーは、平日でも予約でいっぱいなので利用の際は1ヶ月ほど前からの予約が必須。

特に土日は2ヶ月先くらいまで満席の時もあるそうなので、早めの予約がオススメです。

な、内装が素敵すぎます…。

 

そしてアフタヌーンティーのお料理はこんな感じの丸いタワーに乗っております^_^

かわいい…!!!!!

そしてこの後にパルフェも出てきます。

紅茶はフォションのオリジナルブレンドはもちろん、このホテル限定のものや、フレーバーティーなど10種類以上の楽しめます。

ポットではなく鉄瓶で出てくるところに、京都らしさを感じます。

また別料金になりますが、シャンパン(グラス1,800円〜)、追加のケーキ(1,000円)も追加でオーダー可能です。

しかし今回もいかんせん1人で利用したので…あっという間に食べてしまいましたσ^_^;

お友達同士で来たら、お喋りしながら優雅さアップした時間を過ごせるのだと思いますが……、

1人だと誰とも喋らないし、お腹も減っていたので、ペロッと食べてしまうことに・・・。

 

でもメニューはどれも本当に美味しくて、大満足。

マカロンなどのスイーツはもちろんですが、サンドイッチなどのメニューも超美味。

紅茶も本当に美味しいので、次回は誰かお友達と優雅な時間を過ごしたいと思いますσ^_^;(そして2人分の方が確実に写真も映えます)

 

ちなみに、アフタヌーンティーのオプションに、お土産付きのサービスもあります。

お土産は公式サイトからの予約限定のようですが、限定価格でフランス直輸入のマカロンがついてきますので、もっとマカロンを食べたいねん!という(私のような)方にはオススメでございますよー。

 

夕食と朝食もオススメでっす!!

今回は10回にあるレストランでちょっと贅沢に夕食と朝食もいただいてきました(要事前予約)。

夕食は京都の食材を使ったフレンチ料理のコース。

やや割高感はありますが、安定のホテルクオリティと、美食ブランドのフォションらしく、パンやバターはもちろん、本当に美味しい食事が楽しめるので、初めて宿泊する時は一度利用されてみても◎かと思います!

(↑内装デザインが死ぬほどかわいい)

 

朝食はコンチネンタルブレックファーストですが、クロワッサンなどのパンやフランスのチーズなど、朝から美食をたっぷり堪能できます^_^

デザートはもちろんマカロンでございます^_^

宿泊しなくても利用できるショップもありまっす!!

1階には、ここフォションホテル京都限定のスイーツが販売されているショップもあります(こちらは宿泊しなくても入店できます)

お菓子や紅茶はもちろん、ジャムなどこのショップ限定のグッズがたくさんありますので、変わり種の京都土産にオススメでっす!!

というワケで、めちゃくちゃ「非日常」な空間をたっぷり堪能できるフォションホテル京都の滞在の一部始終をお届けしました^_^

 

今日のまとめですよ

ではいつもの通り、素敵ポイントとイマイチポイントをまとめておきます。

フォション好きさんはもちろん、かわいいモノ、スイーツ好きさんには本当にオススメ

フォションが好きな方はもちろんですが、かわいいモノが好きな方には本当にオススメ。「女性向け」と言い切ってしまっても良いかも。

逆に言うと、お菓子がニガテなどの方にはあまりオススメできないかも。

実際、チェックイン時にも朝食時にもマカロンが出てきますし、お部屋にもお菓子が盛りだくさん。

甘いもの好きの私でも、チェックアウトする頃は「もうお菓子はいいかな・・・」と思ったくらいなので、苦手な方にはあまりオススメできないかも^^;)

 

アフタヌーンティーは平日でも予約必須

平日でもアフタヌーンティーの利用の際は予約必須。

週末のご予約は2ヶ月ほど前から埋まっている場合もあるほど、開業時から大人気です。

公式サイトから予約すると、お土産付きのオプションも選択できますので、ぜひぜひ公式サイトからご予約の上お出かけください^_^

 

お部屋のお菓子はお持ち帰りOK

お部屋に設置されているグルメバーの中のお菓子は、全て追加料金なしでお持ち帰りOK。

冷蔵庫内のお菓子もお持ち帰りできますので、宿泊すると自動的にお土産もついてきます。(ドリンクバーは別途料金が必要です)

 

お部屋にはバスタブがない場合も

私が今回宿泊した部屋には、バスタブがありませんでした。

京都の冬は寒いので、寒い時期に宿泊される方にはバスタブ付きのお部屋の選択をオススメします。

また、私は利用しませんでしたが、ホテル内にはスパがあります。

こちらの利用料は20,000円前後からという価格ですが、スパを利用するとオプションで素敵なバスタブを利用できますので、より贅沢な気分に浸りたい方にはオススメでございますよ^_^

 

交通がやや不便なので、京都駅から行く場合はバスがオススメ

ここが一番ネックだと感じた点。

JR京都駅から、フォションホテル京都の最寄駅、京阪電車の「清水五条駅」へ行く場合は、途中で1回乗り換えが必要です。

しかも、ホテルから一番近い出口にはエレベーターなどがないので、重たい荷物を持って行くにはちょっとしんどいかもしれません。

なので京都駅からはタクシーの利用がスムーズかと思いますが、交通費を節約したい時のオススメは市バス。

JR京都駅中央口から約10分、「河原町松原」の停留所で降りると、ホテルの目の前に到着するのでバスで移動されると、とってもスムーズです。

乗車料金は230円で、スイカやパスモも利用できます。

画像引用元:「京都の安い宿」

上の図のA2乗り場に来る4番、17番、205番のバスが「河原町松原」に停車しますので、荷物をたくさん持っている場合は、電車よりもバスがオススメかな、と個人的には思います。(詳しくはGoogleマップの検索で調べてみてください)

あとバスはちょっと・・・という場合は、タクシーのご利用がオススメです^_^

 

ということで、
若干宿泊費は高いですが、一度はぜひお泊まりしていただきたいフォションホテル京都。

夕食や朝食も間違いないので、お部屋だけではなくレストランもオススメでございます!!

私も次回はお友達と一緒に泊まってみたいと思います^_^

それでは今日はこのへんで。

MEMO
フォションホテル京都
住所:京都府京都市下京区難波町406
アクセス:京阪「清水五条駅」3番出口から徒歩5分
阪急「京都河原町駅」から徒歩10分
京都市バス「河原町松原」目の前
https://hotelfauchonkyoto.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA