何歳になっても魅力的な存在になるための方法の話

この春から陰陽五行論を
学んでいるのだけれど、

その講師の先生と
以前ご一緒した時に

人として魅力をつける方法

について、
教えてもらったことがあります。

参考 魅力ある人になるために 「1.振れ幅」ビジネス陰陽塾

「魅力」の出し方にも感じ方にも、
もちろん人それぞれあると思うけど、

最も魅力を感じる人の
一例を挙げると

えっ!?
この人がこんな趣味を???

みたいなギャップがあると
魅力がアップするよ!
ということなんですね。

例えば私が魅力を感じる人の
例えの話をすると、

筋トレをしている男性
ではなく

(もちろんこれだけでも
十二分に魅力的ですが)

筋トレをしているけれど
和食作りがめっちゃ上手い

とか

筋トレしているけれど
趣味はガーデニングで
季節の花にめっちゃ詳しい

とか
そういうギャップです^^;)

めっちゃ清楚な女性なのに
休日はオープンカーに乗ってる
とかね。

少女漫画のワンシーンで
不良少年が捨てられている犬を
拾って保護しているシーンなんかも
めちゃくちゃギャップですね^^;)

魅力ある人には、人が集まってくる。
仕事にもなるし、お金も稼げるだろう。
さらに異性や同性にモテたり、目上の人に可愛がってもらえたり、目下の人からは尊敬されるようになる。

そして魅力が高ければ、それだけ多くの人に影響を及ぼすことができる。

「この人のいうことなら素直に聞いてみよう」
「この人に言われたならやってみよう」

人を直接変えることはできないが、影響を及ぼすことはできる。
魅力が高いほど、多くの人の役に立ったり、おこがましい言い方をすれば、たくさんの人を救えるということだ。
(もちろん悪用もできるのだろうが、そうした次元の話ではない。)

一流の人が、似つかわしくないほど「バカなこと」をやると、一気に親しみが湧いて好きになってしまう。

代表的な例は、北野たけしさんだろうか。
世界的な映画監督だが、お笑いももちろん健在だ。
監督した映画の授賞式で、ギャグもしてしまう。

この幅の広さが大きいほど、人間的な魅力は大きくなる。
「ギャップ」と言い換えてもいいだろう。

テキスト引用元:ビジネス陰陽塾

 

このように、
「え?この人が??」と
思えるようなギャップを
身につけると

人間的な魅力が増して
ファンが増える

ということなんですね。

そう考えると
何にでも興味を持って
チャレンジしていくことが大事
と改めて思います。

もちろん
興味がないことに
無理やりチャレンジしていく
必要もないかと思うけど、

意識して
新しい場所に出かけたり、
交流がなかった人と会ってみたり、
知らなかった本を読んだり
新しいことにチャレンジしてみたり

何歳にになっても
魅力失わないために
こういう機会を大切にしていきたい
と改めて思う今日この頃です。

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA