エストニア訪問記<食事編①>伝統料理のレストランで熊肉を食べてみた

今日は、旧市街内にあるエストニア伝統料理を振舞ってくれるレストラン、Olde hansa(オルデ・ハンサ)で未経験食材・熊肉を食べた体験をご紹介します。

熊肉の話に入る前に、Olde hansaのお店のご紹介を。

こちらは17世紀に建設された建物をそのまま使用、外観、内装とも14世紀頃の中世の雰囲気を忠実に再現していて、歴史を感じることができるとても素敵なレストランです。

店内の照明はテーブル上のろうそくのみ。
少し薄暗いので映える写真が取りにくいですが、雰囲気は抜群、スタッフの方も民族衣裳を着て働いています。(ちなみにスタッフの人は本当に親切)

お料理は、お肉、お魚料理とスープ、スモークニシンがトッピングされているサラダなど、エストニア&近隣諸国の伝統的なメニューが多数。

英語メニューに加え、日本語メニューもあるので言葉が不安でもお料理が選びやすいです。

(Google直訳ですが、メニューはわかりやすいです)

私はビール飲めないのでベリージュースをオーダーしましたが、ここではハチミツビールが有名。
素焼きのジョッキでサーブしてくれます。

お料理は、まずグリルサーモン木の実ソース添えをオーダー。

サーモンが日本とは違いとても分厚い!!
程よく脂がのっていてとても美味しく、ソースは生クリーム入りかな?クリーミーで濃厚な味でサーモンとの相性ぴったりです。

ところが、
サーモンをいただいている間に何気なくメニューめくると、そこに見えた気になる料理名。

「最高の調味料を駆使した熊肉料理」

・・・熊肉料理。
日本でも北海道などでお料理として振舞われているようですが、私自身は全くの未経験。
しかも、何やら偉人の方に捧げる貴重なお料理らしい。
お値段も高め(約7,000円)

食べたいけど、ちょっと怖い、でも食べてみたい・・・
とモジモジしていたら、今回のエストニア旅をご一緒している弁護士の先生に
「食べない後悔はもったいないです!」とのお言葉で後押ししてもらい、追加でオーダーすることにしました。

スタッフの方に尋ねると、「十分マリネにしてから長時間煮込んでいます」とのこと。
十分マリネって何よ、それだけ臭みが強いってことかよ・・・などいらん想像をしながら待つこと約30分。

ヴァルデマーク二世に捧げる熊肉料理のご降臨。

写真の手前にあるソースの中に浸かっているのが熊肉です。
見た目はカレーのようです。

おそるおそる、一口いただきます。

・・・
・・・
・・・
めっちゃ美味しいやんかー!!!

食べた瞬間「うわー」と思う獣テイストな味を想像していたのですが、味。食感はとてもあっさり。
本当にあっさり、しかも全然脂っぽくない。
正直、美しいサシが入っているサーロインステーキより熊肉の方が全然食べられる!!(年とった)

ソースは多数のスパイスやハーブが入っており、このプレートはなんだか薬膳料理のよう。

お米の代わりに蒸した麦がついており、そう、例えて言うと熊肉の薬膳カレーという感じです
食べていると体がぽかぽか温かくなってきました。

熊肉は、古くから食用とされてきて、少量でも旨味たっぷり。
体をあたためる、滋養強壮、コラーゲンも含まれているそうです。

いや〜。全くの未体験の味に少しびびっていましたが、オーダーして良かった!
とても良い経験ができました(弁護士先生のおかげ)

現在では熊肉料理を振舞ってくれるレストランは数少ないそう。
もし世界のどこかで見かけられたら、怖がることなくぜひトライしてみてください!

エストニアに行かれた際は、ぜひこちらのレストランで熊肉をご賞味ください!
値段は少々高めですが、滅多にできない体験ができること間違いなしです。
(観光客が多めのレストランですので伺う前に予約がベターです)

MEMO
Olde hansa(オルデ・ハンサ)
住所:Vana turg 1, 10146 Tallinn
URL:https://www.oldehansa.ee/
サイトから予約も可能
紹介した熊肉料理は55.20€
その他の肉・魚料理は20〜40€前後
(2019年現在)
カード支払いOK
※夜は店内が暗いです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA