テイクアウトを売るためにちょっと意識したい「一言添え」

先日近所のスーパーにお買い物に行き、ヨーグルトにかけるはちみつを探していたところ、とあるはちみつのコーナーに、

「免疫力アップ!」

と、一言ドーン!と書かれたPOPが貼られていました。

昨今の影響で、最近はニュースやSNSでも「免疫をアップ」に関する内容をよく見かけます。

薬機法のことがあるので効果や効能を言い切るのはNGかもしれませんが、この「免疫力アップ!」が貼られているはちみつは、その時残り1個になっていました(その最後の1個は私が買わせていただいたが)。

同じような値段で同じようなはちみつの瓶が2つ並んでいる売り場で、

A「◯◯養蜂所のはちみつ 500円」

B「気になる免疫力サポート!
◯◯養蜂所のはちみつ 500円」

と書かれていた場合、どちらをお買い物カゴに入れたくなりますか?

値段が同じ場合だったら、恐らくBの方を手に取るのではないかな、と思います。

このように、たった一言添えるだけでも売れ行きが伸びるパターンはたくさんあるんですね。

今、多くの飲食店の方がテイクアウトのお料理を販売しています。
私もたまに利用させていただきますが、

・料理名
・値段
・できたて!

だけの表示では本当にもったないと感じています。

しかも今はどのお店をテイクアウトを実施している状態。お客様から見たらどこのお店も一緒に見えてしまうかもしれません。

そんな時いつもの告知に、先ほどの「免疫力アップ」のように一言つけ添えてみる。

例えば、

野菜不足を解消できる!
十六穀米炊きたてご飯のお弁当

体力つけるにはやっぱりお肉!
国産牛使用の手作りハンバーグ弁当

このように簡単に付け加えた言葉を店頭に貼るだけでも、値段や商品名しか書かれていない時よりもお弁当の魅力が伝わります。

また「テイクアウトやっています」だけではなく、ここにも特徴が書かれてあるとよりいいですよね。
もちろんパソコンで作る必要はなく手書きでも十分です。

大切なのは、商品を買ってもらうためにお客様に嬉しいメリットを伝えることです。

そんな時に、基本の情報にプラスして「一言つけ添える」ことは思ったより大きな効果があります。
他のお店と差別化をする1つにするために、お客様にメリットを一緒に伝えることもぜひ実践してみてください!

それでは今日はこのへんで

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA