好きなことを仕事にする本当の意味を考えさせられた話

先日、クライアントさんとお会いした話を書いたのだけど、

素直であることは最強の武器である話

お話していた中で改めて気付いた話を今日は書きたいと思います。

それは、

「好きなことを仕事にしているか?」

「仕事が楽しいか?
ワクワクするか?」

の本当の意味について、です。

もし私自身
「今の仕事が好きか?」
と聞かれたら
表向きは「はい」と答えるけれど、

ぶっちゃけると、
「好きの前に大変なんで、
たまに誰か変わってくれんかな…
と思うことが時々ある…」
というのが本音です。

これは私に限らず、
どんな職業をお持ちの方でも同じなんではなかろうか…と思うのですがいかがでしょうか?

「好きだから」
「ワクワクするから」
という気持ちは、
仕事する上でもちろん大事なのですが、(あと報酬も大事)

それよりも私は
仕事をやり終えて、

結果が出た時の
達成感
を感じられるかどうかを
重視したりします。

終わった後に
「いい形を作ってくれてありがとう」
とか
「早速結果が出てます!」
など声をかけてもらえると、

それまで99%大変でも
残りの1%嬉しい気持ちになり、

決して他では味わえない
何にも変えられない達成感があります。

もちろんこの達成感を得るには
好きで楽しく感じる仕事をすることが
大前提ですが、

例え途中で
折れそうなくらい辛いことがあっても、

あの何にも変えられない達成感を
感じる気持ちを
未来永久持ち続けたいな、

と思う今日この頃です。

それでは今日はこのへんで

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA