発信力があれば小さな会社でも1億円を集めて話題になる商品作りができる話

私も今年最も注目させてもらった商品が、今朝の日本経済新聞WEB版にも紹介されていました。

参考 吸収力はタンポン12本分 生理でナプキン不要の下着日経電子版/MONOTRENDY

それはコチラ↓

株式会社Be-A JAPANがクラウドファンディングで資金を募って開発した、生理ナプキン不要の生理用ショーツ「Be-A」(ベア)です。

開発元の(株)Be-A JAPANは、従業員30名、資本金800万円のD2C企業。

ユニクロなどのように決して大企業ではありませんが、この生理ナプキン不要のショーツ「Be-A」は、今女性からだけではなく、その開発方法やアピール方法などが様々な方面から注目を浴びています。

ショーツは1枚6,900円(+税)。

私も購入してみようかどうかかなり迷っています。

・・・というのも

ほんまに
ナプキンなしで、

大丈夫なんか?

という気持ちが
なかなか拭えないからです。

生理を経験した女性ならよーく理解できると思いますが、生理中はどんなにド真剣な打ち合わせをしていても(もちろん対策はしていますが)

「血がはみ出てはいないだろうか」

「服についてやないだろうな」

「腹が痛くなってきた・・・」

「ちょっと気持ち悪い」

など思いながら過ごしているわけです。自然の摂理だからしょーがないのですが、毎月コレがあるわけです。

おっと。
ちょっと話が逸れてしまいましたが、

この

ほんまにナプキンなしで
大丈夫なんか?

という不安は
私のみならず、
女性の多くがそう感じている
わけです。

しかも

開発している会社は、
ユニクロなど既に馴染みがあり信頼を得ている大手企業ではなく、多くの人にとって初耳の会社。

だけど

クラウドファンディングの結果は1億円を超えて、多くの人の期待を集めたんですね。

成功した理由の一つには、
この会社の幹部の女性の発信力にあったと、日経電子版では紹介されています。

血が漏れるんちゃうか?
と不安に思われているということは、

逆に言うと、
その不安を取り除けばいい。

不安を抱かれているということは、商品には期待してくれている人もいっぱいいるということ。

ということで、
社長自らインスタグラムで何度もライブ配信を行い、支援者の女性の疑問や不安を解消すべく、質問に答えながら商品の安心度を丁寧に説明したそうです。

社長自身も、元々インスタグラムで約3万5,000人のフォロワーを持つインフルエンサーさん。

この強みを生かして、
直接フォロワーとコミュニケーションを取り、クラファン上に寄せられる質問にも1つづつ丁寧に回答。

吸水性や、サイズ選びなど
文面では伝わりにくいことを、ライブ配信で説明していきます。

こうやって地道に発信していくことで、
大丈夫なんか?と思っている女性たちの不安を取り除くことに成功したんですね。

そして、支援者の中から意見を聞くためにフェイスブック上で「支援者限定100名」のクローズドなコミュニティを立ち上げ特典付きの「会員」を募集。

生理についての悩みを共有する場所を作り、商品づくりにその悩みや意見を反映させる場所を作り、ニッチな商品でもスピーディな商品作りを可能にした、と言われています。

いい商品です。
絶対売れます!

ではなく、
支援者の意見に耳を傾けて、社長自ら商品について何度も解説をリアルタイムで配信し、ファンを獲得する・・・。

小さい会社
だからこそ
できる技

とも言えますし、本当に夢のある話です。

こうやって見ていくと、

良い商品を作るのはもちろん1番に大切ですが、

発信力
がいかに
大事か。

ということを改めて感じます。

小さな会社こそ
アウトプット力。

わかってもらえるだろう、
と思わずに、コツコツ発信していくこと。

このニュースを読んで改めてそう感じました。

しかも、このショーツ、
パッケージデザインも本当に素敵。

発信力もブランディングも
とても参考にしたい
と思える事例でした。

私も1枚買ってみようかな・・・と思っている今日この頃です。

それでは今日はこのへんで

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA