カタログやチラシはネットでできないことを補っている話

今、圧倒的に
ネットで買い物することが
多くなったのだけど、

それでも
やっぱり大好きなのが

カタログの
通販雑誌^_^

大手の通販会社を利用すると
その後、
無料でカタログが送られてきます。

これ、ついつい読んじゃう。

そんでもって

あ、これいいなあ〜。

とそれまで欲しい!とは
思っていなかったのに

ページをめくった瞬間に
欲しくなってしまうことも
しばしばあります^^;)


キャッチコピー作りの参考にもなる「通販生活」

 

「雑誌不況」と言われて
すっかり久しいけれど、

今だにこの通販カタログが健在
なのは、本当にすごい
改めて実感です。

商品やコーディネイトの
写真を撮影して

レイアウトを作って

コピーを入れて
文章を作って

1ページづつ校正して

入稿する

・・・

私も以前にカタログの仕事を
やったことがありますが、

べらぼうな労力がかかります^^;)

 

でも、でもでもでも!

カタログには
ネットで補えないところを
補う力があるんですね。

だから今だになくらない!
と思っています^_^

もちろん、
ECサイトで販売することは大事だし
これは今では欠かせません。

けれど、

カタログって
ページをめくる時に

あ、これいいなあ!

と思わせる力があるんですね。

今では検索履歴から
AIデータを解析して
アルゴリズムが表示するのだけど、

それで補えないところを
紙の媒体がカバーしている

と改めて思います。

特に、

(個人的な感想だけど)
女性でカタログ通販が
嫌いな人って
あまりいないような気がする。

本ブログでは度々
ニュースレターの大切さについて
書いているのだけど、

ニュースレターは集客の最強のツールだと思う話

ネットだと
相手に見に来てもらわないと
はじまりません。

でもニュースレターや
送られてくるカタログは

こちらから
買ってもらうきっかけを
相手に届けることができる

要するに
こちらから
仕掛けることができます。

なので、
売上をあげるために
やっぱり欠かせない媒体なんですね。

オンラインで完結できる時代だけど、
ネットだけに頼らず、

紙とネット

両方を使って
上手くアピールする方法を
これからも提案していきたいと思います。

そして紙のデザインは
やっぱり楽しい^_^

もう今ではすっかり減ったけど
今年も紙媒体のデザインを
たくさん作りたいと思います!

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA