2020年に気づいた5つのこと

2020年も今日で終わり。

今年は本当に忘れることのできない1年になりました。

でも個人的には、相変わらず自宅で仕事を続けており、日常の過ごし方としてはあまり変化のない1年でもありました(ニュースでテレワークやら在宅やらの話題が流れるたびに「ふふふ、やっと時代が私に追いついたな・・・」とこっそり思っておりましたw)

でもこの1年で改めて考えな直したことなど、思考にはたくさん変化がありましたので、今日は2020年の最後に「考え方が変わったこと5つ」をまとめておこうと思います^_^

チャンスがあればすぐに行動に移す

今年は海外はもちろんのこと、国内にも1度しか旅行に出かけず、後はずっと自宅とその近所にいました。

旅行だけに限った話ではありませんが、

・お金がないから
・時間がないから
・どうせ来年も行けるだろう

と思いながら過ごしていると、
2度とそのチャンスは訪れない

ということを今年は身を以て実感した年でした。

旅行だけではなく、
何かやりたいと思ったことにすぐにトライすることの大事さを、改めて感じています。

健康には気をつける

今年はニュースでも、自宅でできる運動が話題になっていましたが、私もこれを機に再び筋トレを再開。

家族でも一人でも楽しい!今だからこそ自宅で実践したいプログラム 令和版ビリーズブートキャンプにチャレンジしたら予想以上にマインドに刺さってきた話

この1年の様々な報道を聞いて
自分が健康であってこそ、
仕事ができ家族と過ごすことができる
ということを改めて感じています。

先日は、人生初の1週間ファスティングにもチャレンジしました。

ファスティング初心者がガチのファスティングを1週間やってみて分かった7個のこと

運動と食事内容を見直すきっかけをくれたこの1年間の日々には本当に感謝しています^_^

「◯◯のせい」にせずに常に自分主体で動く

コロナのせいで
コロナがなければ
コロナが・・・

という言葉を今年何回も聞きました。

でも私自身の立場で考えた時に、
「◯◯のせい」と考えるのは、もうやめようと思いました。

もちろんコロナがなければ、もっと違った楽しい経験ができたかもしれませんし、仕事も今より増えていたかもしれません。

でも、ネガティブな発想も、逆のポジティブな発想も出どころは全て自分。

コロナ以外でも、家族のことや仕事のことも、「◯◯さえなければ」と思うのではなく、常に「自分がコレを選んでいる」という気持ちを持つと、改善点も見えるし、何よりも毎日気持ちよく過ごせます。

ちゃんとおしゃれをする

以前から自宅中心の生活をしているのに加え、今年は打ち合わせもほとんどがオンライン。

ちゃんとメイクした日なんて本当に数えるくらいかもしれません・・・。

加えて毎日家で過ごすので、どーでもいい服装で家にいることが多くなりましたが、

これ、
確実にババア化する

ので、ちゃんと可愛らしい服を選び、ちゃんとメイクもするような生活にシフトすることにしました・・・。

あと、万年在宅ワークの私は、
ほとんど人と話さない毎日を過ごしているので、

顔のたるみと
むくみが
ハンパない

ことになり、これらを解消すべく新しい習慣を取り入れることにしました(ストレッチとリンパマッサージね)

これ、在宅中心の生活になったみなさん、本当にお気をつけください>_<

顔を動かす習慣がなくなるとマジで一気に顔がやばくなります・・・。

当たり前の毎日に感謝する

毎日仕事があって、帰れる家があって、ご飯があって、家族がいて、猫がいて、信頼できる人がいて、家の布団で寝られる日々があって。

こんな当たり前に感じている毎日は、実は当たり前ではありません。

普段通りの毎日に改めて感謝する機会なんて、今まではあまり考えたことがなかったけれども、この1年、当たり前の毎日には本当に感謝だな、と改めて感じています。

本当にありがとうと伝えたいです。

今日のまとめですよ

色々なことがあった2020年。

様々な報道に胸が痛む時もありましたが、私自身この1年でいろいろ自分自身を振り返るきっかけができたことは、素直に感謝したいと思います^_^

辛いこともたくさんありますが、こうやっていいことに目を向けると、また明日の朝起きて新年を迎えることが楽しみですし、それにも感謝したいと思います。

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA