社内のお偉いさんよりもターゲットを想定したクリエイターの意見の方が大事と思った話

今日、近所のスーパーに買い物に出かけた時に久しぶりに見かけたこちらの商品。

少し前ですが2016年に大ヒットした
「明治THEチョコレート」です。

発売当初からは少しパッケージデザインがリニューアルされていますが、私もスーパーに並んでいるお菓子のパッケージの中でも一番好きなデザインです^_^

でもこのパッケージ。

開発当初は

商品の中身が見えない
パッケージは絶対売れない

と、社内で猛反対を受けたそう。

でもデザインを監修した開発部の女性は、

あんたの年代が
ターゲット
ちゃうねん

とその猛反対を押し切って
このパッケージデザインを採用。

結果、商品は大ヒット。
味はもちろんパッケージデザインも含めて好き、という声が多数寄せられたんですね。

私も会社員時代は、肌着や靴下のパッケージデザインを多数手がけていました。

↑こーゆーやつです。

肌着のパッケージを制作する時にいつも言われたのが、

商品の襟元が見える
デザインであること

↑襟元が見えないパッケージデザインは
マジでクソ扱いされていました。

何故なら
お店で肌着を手に取る人は
必ず襟元のデザインを確認するからだ
と言われていたからです。

なので、いつもパッケージデザインを起こす時は

下半分に
デザインを集中

させ、その狭い範囲で差別化していました。

でも、でも
です。

今ユニクロさんに行ってヒートテックインナーのパッケージを見ると、パッケージ貼られているシールや店頭のPOPなどに大きく「Vネック」とか「クルーネック」とか書かれていて、サンプルがディスプレイされており、

襟元を全開にアピールしているパッケージなんて、ほとんど見かけません。

それはユニクロさんに来店する年代を
ユニクロさんがちゃーんと理解しているからです。

ユニクロさんで肌着を買う人は、ちゃんとシールに書かれているイラスト、POPなどをちゃーんと確認して、それ以上に「ユニクロブランドらしさ」を重視しているのではないかと思います。

襟元が見えないから
買わへん
という年代の人をターゲットにしていません。

大手会社のパッケージデザインなどを制作すると、様々な「偉い人」が出てきて、あーだこーだ議論を始めます。

こんなデザインは常識外

と言われても、

あんたの年代が
ターゲットと
ちゃうねん

とビシっと言えるようなターゲット設定と、それに合ったデザインをこれからも制作したいな、と思う今日この頃です。

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA