クリエイターもいるだけで雰囲気がよくなる人になりたい話

先日、STUDY HACKERを読んでいると、こういう記事を見つけました。

参考 「いるだけでチームの雰囲気がよくなる人」の3つの特徴。あなたは当てはまる?STUDY HACKER

いるだけで雰囲気がよくなる人の特徴について、解説された記事です。

記事の中では、

・共感力がある

・伝える力がある

・雑談力がある

の3つが、その特徴として上がっています。

そしてこれは、

3つともどれも、
相手に対して
アクションする力
ですよね。

これはどの仕事にも当てはまりますが、クリエイター自身も持ち合わせておきたいスキルだと改めて思います。

今は少し時代が変わりましたが、
カメラマンさんや建築士さんは「先生」と呼ばれる立場だったので恐れ多い存在の方々が多く、現場ではこちらが恐縮してしまう方がたくさんおられました。

カメラマンさんに「本当はもっとこうしてほしいのに・・・」と思っても、「言うの悪いな、怖いな」と思ってしまうんですね。

グラフィックデザイナーや、コピーライターさんもベテランの方になると「先生」になるので、一緒にいるだけで緊張していたことを思い出します。

もちろん「先生」として威厳があるのも大事ですが、私はクリエイターとして常に「相手に気遣える」存在でありたいな、と思います。

なぜなら、
制作する時に最も大事なのは、クライアントさんとのコミュニケーション。

良い制作をするためには、
お互い安心して話せる存在であることが
何よりも大事。

そのためには「話したい」と思ってもらえるようなコミュニケーションをとることが不可欠です。

なので、「雰囲気がいい」クリエイターさんであることはとても大切なことだと個人的には思っています。

ごく稀に
クリエイターはあんまり話を聞いてくれず、嫌な感じの方が多い・・・なんて声も聞きますが(泣)、そうではなく話を聞いてくれる良き相談相手のクリエイターがこれから先も増えてほしいな、と感じる今日この頃です。

それでは今日はこのへんで

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA