45万円のバッグの原価は2万円でも喜んで45万円払いたくなる話

先日、SNSを見ていると
「おー、まじか」と感じる
内容が目に留まりました。

それは、

エルメスの45万円のバッグの
原価が約2万円ということ。

↑これは現役の革バックの職人さんが
分析した結果だそうですが

原価だけで見ちゃうと
約2万円のバッグ
なんですね。

ちなみに、
今エルメス、いや御エルメス様の
店舗に行っても、
バーキンバッグ様は購入できないそうな。

何度も御エルメス様に足を運び
お買い物をして、

こいつは
我々のバッグを持つに
ふさわしい人材である

と、お認め遊ばせられてから
やっと購入ルートが開かれる・・・・
らしいのですが。

ANGHI / Shutterstock.com

 

そう考えると
「ブランド」って本当にすごい。

あの人が作っているから

この職人さんが
作っているから

いくらでも出す!

いくらでも待つ!

という状況を生み出しています。

そう、
原価は2万円かもしれないけれど、

エルメスのバッグの技術、
創業から今まで培ってきた技術、
それが43万円なんですね。

andersphoto / Shutterstock.com

 

もちろん安いものでも素敵なものは
いっぱいあるし
私もしょっちゅう100均行くし、
「半額」のシールを見ると嬉しくなります。

でも
値段以外のところで
「価値」を感じられる

どんな商品やサービスも
その「価値」をつけることが
本当に大事なのではないかと
改めて思います。

世の中には
同じような商品や
同じようなサービスがいっぱいあります。

値段はもちろん大事。

けれど、
値段以外で「ファン」を獲得する要素は
本当に大事だと感じています。

さてさてさて、
皆様は何に対してお金をかけられるんだろう?

私は絶対にお金を惜しまないのは

仕事道具のMac、
マウス、キーボード、ディスプレイ

コーディングや写真撮影、
好きなレストランの食事などで
信頼している人に払うフィー

口にする調味料と
一部の食材

大まかにいうと
こんな感じ。

でも、お金をかけるところは
人それぞれ。

「ここにはお金をかけたい!」
と思ってもらうことが
ファンをつくるために必要な要素
だと改めて思う今日この頃です。

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA