ワンルームでも楽しく在宅ワーク生活を送るために

先日、ネットでニュースを見ていると

ワンルームでの
テレワークが限界

という記事が目に飛び込んできました。

独居房

うさぎ小屋

オンとオフの
切り替えを
どこですればいいのか

など、

・子供さんがいて大変
・一人の空間が作れない

ではなく、

都心の狭いワンルームマンションで行う、一人きりの在宅ワークが辛い・・・という内容のインタビューがずらりと並んでいます。

週刊誌の記事なので、このインタビュー内容もどこまで本当で、どこからが嘘かわかりませんが、事実「テレワークが辛い」と感じている方は一定数いらっしゃるんだろう・・・。

ところで私も
結婚前は6畳ほどのワンルームで、せっせと在宅で仕事をした経験があります。

ただ私の場合は自ら志願して会社をやめてフリーランスになったのでちょっと状況が違いますが、まさに

・すぐ横にはベッド

・すぐ後ろにはテレビ

という誘惑の多い環境で仕事をしていました。

ただ、先ほども申し上げた通り、

自分で志願し、

加えて

翌日からフリーとしての
仕事が山のようにあり、
(独立早々徹夜しました)

ありがたいことにこの状況がずっと続いたせいもあってか、隣にベッドがあろうが後ろにテレビがあろうが、毎日淡々と黙々と仕事をしていたことを思い出します。

そう、幸いにも

自ら望んだ
「好きな仕事」が
いっぱいあったので、

誰にも邪魔されず
外にも出ず

メイクもしないで
電車にも乗らないで
一日中篭れるなんて
サイコー!

うざいランチタイムもないし
好きな時間に食べられるし

お菓子をパッカーンと開けても
誰にも咎められないし

巣篭もり
バンザーイ!!

の気持ちだったんですね。
(今思うとかなりの不健康思考ですが・・・)

なので、
今の夫と結婚が決まり、ワンルームマンションを引き払う時は、もう寂しくてしょうがありませんでした。

(結局、結婚はしましたが、現在でもワンルームに毛の生えたような部屋で、ほとんど一人暮らしと変わらない環境で仕事をしていますが)

このように、

元々
誰とも話さず
一人で篭るのが
大好き

だった私にとって在宅勤務は

まさに
天国

だったわけです。
(今でも天国です)

ただ、これはあくまでも私個人の場合であって、たとえ好きな仕事をしていたとしても「在宅はちょっと無理・・・」という人もたくさんいます。

こうなると「元々の好み」の問題になってくるかと思うのですが・・・。

今日は最後に
ワンルームでも仕事のやる気を引き出すポイントを書き、本文を締めくくろうと思います。

それは

しょぼくてもいいので
PCが乗る机

2泊3日の旅行に行き
そこで2日間
フルコースを
食べたつもりで
超絶
いい椅子を買う

これに尽きます。

机と椅子

これは絶対です。

ご飯を食べるテーブルでPC、
ベッドの上でPC、
こたつに入ってPC、
これはNGです。

絶対に
「仕事用」で使う専用の
机と椅子をご用意してほしいと思います。

机はしょっぱくてもいい、PCが乗っかる大きさでガタガタしなければ拾ってきたものでも全然いい。

しかし、
椅子には
本当にしっかりと
お金をかけてほしいと思います!!!!

もちろん
「そんなにお金はかけられない・・・」
「部屋が狭い・・・」
と思う方もたくさんいらっしゃると思います。

でも断言します。

椅子は本当に大事です!!!!!!!!!!

ここに投資できるかできないかで
在宅ワークが
楽しくなるか辛くなるか、

雲泥の差と言って
過言ではありません。

お金をかけらない、部屋が狭い
気持ちも十分理解できます。

でもでもでも、
最近はサブスクリプションで椅子を利用できるサービスもあります。

テレワークを応援するオフィス用チェアのサブスク3選+おまけ

↑以前こちらにまとめているので、ぜひ参照ください。

本当に、

仕事専用の
机と椅子

があれば、
幾分かテレワークも楽しくなるはずです!!!!!(絶対の保証はありませんが^^;)

こうすることで、
部屋が狭くても、仕事と生活の境目をうっすらと作ることができます。

もちろん慣れるまでに
少し時間がかかるかもですが、

机と椅子を揃えて、

椅子に座ったら仕事、
終わったらソファ、ベッド
と自分の中でルールを
習慣化していくだけでも、
家での仕事が本当に変わってきます。

まだまだこの状況が長く続きそうですが、環境にばかり文句を言うのをちょっとストップして、限られた条件の中でも、毎日心地よく仕事や生活ができる知恵をこれからも見つけて実践していくことが、ストレスフリーに過ごすコツなのではと思います

在宅勤務のみなさん、
一緒に頑張りましょう^_^

それでは今日はこのへんで

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA