自分の機嫌は自分で取る!という話

先日、
少し古いんだけど、
こんな記事を見つけました。

参考 元マネージャーが明かす 天才・横山やすしの素顔とダウンタウンの悔し涙AERA.dot

吉本興行で故・横山やすしさんのマネージャーをしていた大谷由里子さんの記事です。

ふと軽い気持ちで読んでいたのですが、この記事の後半にすんごい刺さる一言が書いてあったので、それを今日は自戒も込めて^^;)書き留めておきたいと思います。

それは、

自分の機嫌が
自分が取る
ということ。

赤ちゃんはともかく、
大人になったら

他人は自分の機嫌を
取ってくれない
ということなんですね。

 

(中略)

やすしさんは、表舞台に立ったら天才で、怖い面もあったけど、素顔はとてもかわいいトコロのある人。わたしは大好きだった。

ただ、機嫌がいいときと悪いときの差が激しかった。みんなに恐れられていた。

最後のほうは、人が寄り付きにくくなってもいた。

ある事故をきっかけに吉本をやめると、潮が引くように人が去っていった。

一方、相方のきよしさんは、初めて会った新入社員の女の子であるわたしにも、「よろしくな」と深々と頭を下げて握手してくれるような人だった。

「こんな大物が、わたしに」と感激したことをいまでも覚えている。

やすしさんが仕事に遅れてきたり、暴言を吐いたりしてまわりに迷惑をかけても、きよしさんが代わりにおおらかに「すまん」と言えるような、そんな人だった。

きよしさんは、社員やタレント、年下年上、ほんとうに誰からも好かれていた。

 

この二人は、日本の芸能史に残る突出した才能をもっている人たち。だから普通の人と同じではない。ただ、それでもなお、思う。

人は、不機嫌な人には近づきたくないのだ、と。

やすしさんのように特別な才能がある人や抜きんでた力のある人は、たしかに人は機嫌をとってくれる。

ただそれだって、不運が訪れ、不遇のときは、機嫌をとってくれなくなる。

基本的に、他人は自分の機嫌をとってはくれないのだ。

このことは、忘れがちだが覚えておきたい。

ましてや、わたしたちの99パーセントは、ふつうの人間だ。

「不機嫌な人に近づきたくない」

「他人は自分の機嫌をとってくれない」

このことは、肝に銘じておいたほうがいい。

テキスト引用元:AERA.dot

この文章を読んで、
うなずくことしかできませんでした^^;)

本当にこの通りですよね。

最近は機嫌が悪い人に会うことも
少なくなったけれど、

それでもたまーーーに

  • 家族や職場に対してイライラしていて不平不満ばかり話す友達
  • 昔の話をほじくり出してずっと悪口を言う人
  • 人の成功を素直に喜べない人

がいます^^;)

私は心理カウンセラーではないので
特にアドバイスもせず、
「ふーん、そうなんだ」
と聞いていますが、
(正確には聞き流しているが)

これも
アカン!!!!
です。

もちろん人間なので

不平不満を持つことも
イライラすることも
他人の芝生が青く見えることも

絶対あります。

でもでもでも!

会う度にグチグチ言われると

別れた後に
また会って話したい〜♪
と思いませんよね^^;)

こうやって
気が付かない内に

一人、また一人
自分の周りから
人がいなくなります。

先ほどご紹介した
記事の中に書かれていた、
晩年の横山やすしさんと
同じ状態です。

いくら仕事が素晴らしくても、
「天才」と言われても

自分で自分の機嫌が
取れない人は
アカン
と改めて思います。

と今日は次回も込めて・・・、

そんなことを感じる
今日この頃です。

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA