人々に寄り添ったモノづくりは世界に広がると思った話

先日ネットでニュースを見ていると、
こんな記事が。

参考 細長いQRコード「rMQRコード」誕生。省スペースに印字可能Impress Watch

なんと、
あのQRコードが
長細い長方形型になり

rMQRコード
として開発された
という話。

画像引用元:Impress Watch

しかも情報量は
従来の正方形QRと同じ
とのこと。

いや〜〜〜〜。
マジでめちゃくちゃ嬉しい。

なぜかというと、
デザインの幅が広がる!
から。

これまで正方形のQRコードを
掲載できなかったスペースにも
収まりやすいサイズなので、

もうこの開発ニュースを
見ているだけで嬉しい!!

↑こんな狭いスペースにも
収まりますね^_^

デンソーウェーブ様、
ありがとうございます!
としか言えません。

1994年にデンソーウェーブが開発したQRコードは、世界中で幅広く普及している。

一方、製造業などにおいて、品質管理や業務効率化のために超小型部品の個体管理のニーズが高まっており、こうした部品の管理にQRコードを使いたいという声が増えている。しかし、余白のスペースが限られているため従来のQRコードでは印字できないといった課題があった。

そこでより利便性を高めた新たなQRコードとして、rMQRコード(アール・エム・キューアールコード:長方形マイクロQRコード)を開発した。rMQRコードは、国際規格(ISO)を取得しており、世界中のすべてのユーザーが自由に安心して使えるとする。

rMQRコードでは、余白になりがちな細長く狭いスペースにコード印字が可能。最大で数字で361文字、英数字で219文字、漢字で92文字のデータを格納できる。また、QRコードと同等の構成パターンを配置し、高速読み取りを実現する。

この新型QRコードだけに
限った話じゃないけれど、

このように

役に立つ開発
をしてくださる会社、
本当に超尊敬。

バーコードなんて
本当に小さいモノだし、
普段そんなに気にしない。

だけど私はもう20年近く
バーコードをデザインに入れる仕事
をしていたので、

バーコードも
一つの大事なデザイン要素
として捉えております^_^

QRコード一つの
貼り付け方で
売上が変わってくる
とまで言われているくらい、

今やQRコードは
大事な役目を果たしている
んですね。

 

そーいえば、
デンソーウェーブさんの
公式サイトに

バーコードの誕生秘話
なるものが掲載されていたのですが、

ここにも
困っている人の
役に立ちたい!
という開発ストーリーがあります。

参考 QRコード道のりQRコードドットコム(デンソーウェーブ)


私のように
バーコード大好き!
と思っている人は
あまりいないと思いますが^^;)

とっても良い話なので
ぜひご覧いただきたいたいと
思います^_^

 

このコラムの最後は

昔も、今も、これからも、人々に寄り添ったモノ作りをする姿勢は変わらない。

という文章で
締めくくられていますが、

ほんまコレ

自分達の技術を試すために
モノを作るのではなく、

人々に寄り添った
モノづくり

がめっちゃ大事だし、

人々に寄り添った
モノづくりをすることで、
それが結果世界中に広がる

と改めて感じます。

デンソーウェーブさん

バーコードというモノを
開発いただき
ありがとうございます!!

と大きな声でお礼を言いたくなる
今日この頃です。

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA