久しぶりにフード撮影の立ち会いに行ってきましたよ、の話

今週頭の2日間は、
久しぶりにフード撮影の立ち会いに
行ってきました〜!

今年の春から
戦略やデザイン提案も含めて
取り組んできた会社さんの
WEBサイト用の写真撮影です^_^

カット数がかなり多かったのだけど、
いつものカメラマンさんと
スタイリストさんのおかげで
無事に全工程終了できて
ほっと一安心でございます^^;)

ブログ用に撮影風景を紹介したかったんだけど、
そんな写真撮るヒマ全然なかったよう(T_T)

今、スマホのカメラ機能も
プロ並みの性能になっているし、
一眼レフカメラを使う人も
いっぱい増えているけれど

プロの技には
敵わない

と改めて感じた2日間でした。

特に
食品写真撮影は
本当に難しくて、

お皿に盛り付けて
見栄えよく整えるのって
本当に大変。

お肉とかお魚は
冷蔵庫から出して時間が経つと
変色してしまうし、

揚げ物は時間が経つと
しんなりしてしまうし、

同じものをもう一回用意する
なんてことは不可能なので、

マジで時間との戦い^^;)
現場は殺伐としています。
(みんないい人だから楽しいんだけどね)

ちなみにお肉を撮影する時は、
ピシっとしたイメージを出すため
お肉の下にプラ板を敷くんですよ〜!

改めてよく計算してみると、

プロのカメラマンとスタイリストさんに
来てもらって準備して撮影・・・
となるとそれなりの費用が発生します。

なので、
クライアントさんの中には時々

こちらに一眼使える人がいるので
それで済ませます

とか

スマホで撮影してみます

とおっしゃる方がいるんだけど、

これだけネットで色んな情報が取れて
「SNS映え」なんて言葉もあるくらいだから、

商品をネットで公開する時や
ちゃんとしたブランドイメージを
出したのであれば、

絶対にプロに依頼をして
写真を撮影してほしい
と心の底から本当に思う。

仕上がりが
全っ然違います。
雲泥の差。

もちろん
商品自体が素晴らしいモノで
あることは大前提だけど、

それをさらに2割も3割も増して
魅力的に見せるために

お金をかけて
プロの力を借りる
のは本当に大事。

スマホでも撮れるし
一眼も自分で使えるから大丈夫♪
と思わずに

大事な商品撮影は
ぜひプロに頼んでほしい!!!
と改めて思う今日この頃です!!!

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA