私のこだわり♪はいらないよ、と思う話

大変皮肉なお話かも
とは思うんだけど、

デザイナーとして
毎日デザインを作っていても

ここが私のこだわり♪
私の好きなデザインにしました♪

なんて制作、
ほぼない。

ほぼ、というかゼロです^^;)

私は芸術家や映画監督ではなく
デザイナーで
クライアントの成果につながる
制作をする仕事なので、

自分のこだわりなんぞは
ほんとに二の次です^^;)

その代わり、
この箇所はこのように判断したので
こういうデザインにしました
という説明はするし、

言われたことだけを表現していても
つまらないので

この箇所にはこの要素をプラスして
さらにわかりやすくしました

と説明する時もあります。

でも基本的には

私がこうしたかったから♪
私のこだわりを入れてます♪

なんてことは
仕事をしている限り
言いませんし作りません^^;)

自分のこだわりを入れても
それがクライアントさんのために
ならなかったら全然意味ないもんね。

「フリーランスのデザイナーです」
と自己紹介をすると

かっこいい!
なんてことも言われたりしますが、

自分のこだわりをふんだんに出す
職業は決してないし
どこをどう見てかっこいい!と
言われているのかいまだに戸惑います^^;)

もちろん、
自分から提案をすることもあるし、
「これはこうしましょうー!」と
言う時もありますが、

それは
自分のこだわり♪
から来ているものではなくて

こうした方が
クライアントの役に立つ
と判断しているからなんですね。

でもこれ、
デザイナー以外の職業にも
本当に当てはまることです。

どんな資格を取っても
どんなセミナーを受講して
仕事に活かせる知識を身につけても、

相手の役に立たなかったら
本当に意味がありません>_<

知識やスキルを十分持つことは
とっても大事なこと。

だけど、
知識やスキルをひけらかすだけでは
全然プロじゃないですよね。

クライアントが望む提案が
できてこそ求められる人になる
と改めて思う今日この頃です。

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA