本当の“ギバー”に必要なこと

今日は2021年7月16日。

本ブログでも度々ネタになっている夫の唐揚げ専門店ですが、今日でオープン1年を迎えました^_^

北小金駅徒歩3分 本土寺参道の入口に「からあげ専門店」がオープンします^_^

↑こんな告知しかしていなかったのにも関わらず、看板もくっついていないのに、

開店からしばらくは長蛇の列が続き、オープンからわずか3〜4時間でその日に用意していた分が全て完売するという、誰も予想していなかった1年前。

このコロナ禍にも関わらず、現在も多くのお客様にご利用いただき、時には本当に嬉しいお言葉をいただき、今日もいつもと同じ1日として営業できていることに感謝しかありません。

中には、1周年記念のお花や、今後ますますの成長を願ってオリーブの木をプレゼントしてくださったお友達も・・・。

本当に皆さんのお気持ちが嬉しく、改めてお礼を申し上げたいと思います。

がしかし
感謝すると同時に

お店を営業するって
マジで大変

と身に沁みて感じた1年
でもありました^^;)

今日は私がこの1年、
身近な人の仕事の“裏方”として携わった感想を、ここに書き留めておこうと思います。

最近は

ギブすることが大事

ギブする人こそ
成功する

ギバーになろう

と言われています。

こんな書籍も出ているくらいです

ギバーの位置付けはこんな感じです。

① テイカー
自分が多めに取る。「全部オレのモノ」というジャイアンタイプ。「世の中は、全体のパイの大きさは決まっている」と信じ、「だから勝つか負けるかが大事だ」と考えている。
② マッチャー
平等に2等分する。冷静に損得を公平に考えるタイプ。「平等・公平であること」を重視し、常に相手とのバランスを考える。
③ ギバー
相手に多めに与える。常に他人に与え続けるお人好しなタイプ。他人中心で、相手が何を求めているかを常に考える。

この1年間、
私はとにかくギブしまくりの毎日でした。

私だけではなく、
お店の経営に携わってくださっている仲間のオーナーの方、その奥様、みんなです。

みんな超ギブです。

ギブすることが大事

ギブする人こそ
成功する

だからギブしよう

だけど、長期に渡って
単純にギブし続けると
ぶっ倒れてしまう
とということが分かりました^^;)

例えば

  • 単発的に(期間限定で)ギブする
  • 個人のペースでギブする

のであれば、
ぶっ倒れることもないと思います。

だけど、

1年間を通して
ほぼ毎日ギブし続けると、
何もかも全部嫌になります^^;)


燃え尽きるギバー
の典型的な例
ですね^^;)

では「燃え尽きないギバー」になるためには、どうしたらいいのか?

ここに、

つまり成功する「いい人」は、「他人の利益と自分の利益を同時にウィンウィンで考え、全体のパイを大きくするギバー」であり、燃え尽きる「いい人」は、「自己犠牲で与え続けるギバー」なのだ。

引用元:東洋経済オンライン

と書かれていますが、
本当にその通りです。

そして、私はここに
もう一つ自分の体験談を付け加えたいと思います。

それは、

ギブすることで、自分なりにインプットすることを見つけ、それをアウトプットすることです。

なので、ここ1年で色々感じたことを本ブログでちびちびとアウトプットし続けてきました^_^

これは
本当に好きじゃなきゃ
できないこと
ですが、

これを続けていくと、
ギブすることに
更に良い意味づけができます。

報酬では決して得ることのできない
ギブするからこそ得られる何か
を得ることができるんですね。

そしてこの経験が、自分の仕事にも今生かせています。

これに気づいただけでも、この1年間“ギブ”を通じて色々経験できて、本当に良かったと思っています。

ギバーになれば
成功する

↑この言葉が一人歩きして

なんだかかっこいい
俺も私もギバーになろう!

と思う方も多いかもしれませんが、

「本当に成功するギバー」に
なるためには、

相当のメンタル、
相当な自己管理、
相当な前向きさ、
が必要

ということを
身を持って体験しました^^;)

まだまだ真のギバーに成りきれていないかもしれませんが、これからも“ギブ”の精神を忘れずに、自分の仕事も頑張っていこうと思います!

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA