起業が正しい、とは絶対思わない話

私がフリーランスになった
きっかけは、
実は全然大した理由じゃなくて^^;)

学生の時に知り合った先輩が
「デザイン会社作るから
一緒にやらな〜い?」
誘いに、

「うん、やる!」
と二つ返事で乗っかったから、
です^^;)

でも結局、「会社」といえど
福利厚生が充実しているわけでもなく
仕事の状況自体も1年経った頃には
私にとっては
だいぶビミョーな状況
になってしまいました。。。

そんなこんなで
わずか1年ほどでその会社も
フェードアウトしてしまい、
本当に一人きりのフリーに
なってしまったんですね。

とはいえ、
もう前の会社を
辞めてしまったワケなので、

・再就職するか
・このままフリーランスでやるか

の2つを選べたのですが、

(まあ、、、せっかくだから
もう少し一人でやってみようかな)

と思いながら
今に至る
という感じです^^;)

そうなんですよ、、、
別に特筆するべき想いとか
特になく

流れに身を任せた人生
を生きてきたワケ、です^^;)

でも、
会社に所属していた頃も今でも
制作の気持ちは変わらずに

クライアントの役に立つ、
クライアントの売上に貢献する

という気持ちで
デザインを作っています。

で、
ここからが本題
なんですが。

こうやって

会社を辞めて、
会社を作った人と一緒に働いて、
流れ着いて今はフリーランス

という体験をして
思うことは、

\起業した人が大勝利/
とは絶対思えない
ということです。

会社に頼らずに
自分で稼ぐ力を

とよく言われますが、
それは確かに正解とも思うけど、

起業すること、
法人化することって
やっぱり大変、です。

特に好きな人と一緒に
会社を立ち上げる時ほど
マジで本当に要注意、です。

うまくいっている時はいいんです。

楽しいし儲かるし、
ウハウハ♪なんですよ。

でもね。
いいことばっかりじゃない、
大変なこともいっぱいあります。

そうなってしまった時に、
もらうダメージは結構深い。

相当な覚悟がないと
結構しんどい、です。

起業や法人化の
ハードルを上げるワケでは
決してないですし、
なりたい人はなればいいのですが、、

起業して自分の力で儲けよう!

好きな人と好きな仕事をしよう!

という言葉に
本当に惑わされないでほしい、
と心から思います^^;)

会社の中に所属して
その中で頑張るのも
一つの正しい選択
だとも思います。

でも、
会社にいてもフリーでも
共有して言えることは
視野を広げること、です。

現状の環境には満足せずに
自分の視野を広げられる人が
どの環境でも生き抜ける
と思う今日この頃です。

それでは今日はこのへんで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA