講座に通うことがゴールではないよ、の話

こうしてブログを書いているので、常日頃他の方のブログも愛読させてもらっているのですが、今日はこちらのブログ記事をご紹介したいと思います。

参考 40歳オジサンがABCクッキングスタジオの勧誘を体験人形町から情報発信するブログ


本当に面白いので
ぜひお読みいただきたい。

この記事は、某お料理教室の体験レッスンに行ったブログの筆者(40歳・男性)さんが、24歳の女性スタッフから、料理を作っている間に「入会の勧誘の猛攻撃」を受ける話です。

私も普段から「体験レッスン」「無料相談」などのフロントオファーがくっついたサービスのランディングページやチラシを作っており、自分自身も「体験セミナー」「2時間お試しセミナー」に出かけることもあるので、そのバックに待ち構えているバックエンド商品の存在も十分に知っていますが、先ほどご紹介したブログに書かれている「勧誘」っぷりはちょっとすごい。
(過去に営業部長を経験したブログの筆者さんが「すごい」と太鼓判を押しているので本当にすごいんだろう)

しかしまあ「体験レッスン」で
「楽しかったなあ、美味しいなあ、ここで習ってみたいなあ」と心から感じてもらう前に、本講座の料金の話や、分割払いの方法、いつまでに申し込みできるかなどなどを、料理を作っている最中に話しかけてくるとは面白い。

そして同時に、やっぱりとういうか
少し残念に感じてしまいます。

それは
この某料理教室のWEBサイトも、教室自体の外観・内装もこれ以上ないくらい美しく洗練されており、特に若い女性にとっては「こんなところでお料理習えたら素敵だな〜」と思わせるデザイン力があるにも関わらず、料理よりもお金の話が先行してしまうという点。

ましてや今、数々のレシピ動画、料理研究家さん達がリリースしているレシピアプリ、パンが餅がパスタが、ケーキから炊き込みご飯、燻製まで作れる便利この上ない調理器具などなど、お料理に関する選択肢は無数に存在しています。
要はお料理をやろう、習おうと思えば、いくらでも選択肢があるということですよね。

私も、自宅近所のショッピングモールの中にあるこちらの料理教室の前を通りがかった時は、その美しい教室の雰囲気に思わず「うへー、ここに通ったらさぞかし料理がうまくなるに違いねえ」と錯覚したのを思い出します。

もちろん、料理教室も立派なビジネスには変わりないので、
体験レッスンに来られた方にはクロージングをかけなけれないけません。

ですが大事なのは、
「料理を習うことで得られる明るい未来」を分割代金のシュミレーションの前に見せなければいけないと、私は強く思う。

なんでもそうですが、
講座に通うことがゴールではないし、講座に通った先に得られる未来が見えるから人は(時には高額)の講座に申し込むんですね。

この料理教室のターゲットは、金銭的にも余裕のある人たちをターゲットにしているのかもしれませんが、例えそうだとしても「講座終了後に得られる未来」を体験レッスンの時に語る、もしくはWEBサイトで同じようなことを発信することは、大切なのではないかなと思います。

純粋に考えて、
横で分割払いの話をされながら
料理を作る気持ちってどないよ?

ということです。

逆に言うと、
「講座終了後に得られる未来」をしっかり見せる・魅せることができれば、例えその受講料が高額でも申し込みする人はたくさんいます。

「講座終了後に得られる未来」をしっかり見せる・魅せるのは、もう一つの技術。
文章力やマーケティング力がこの技術に結びついてくるのは言うまでもありません。(だからみんな勉強しているんですよね)

某料理教室にお勤めの方にも、ぜひ「講座終了後に得られる未来」を見せる技術を身につけていただきたいな、と思った今日この頃です。

それでは今日はこのへんでー。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA