ゼロから年商10億ドルにした「GILT」創業者の習慣の話

私が毎日こっそりチェックしているアプリに「GILT」(ギルト)という“フラッシュセールサイト”があります。

広告もたくさん出ているので、ファッション好きの方なら一度は耳にしたことがある方も多いかもしれませんが、私も丁度GILTが本国アメリカで爆発的に流行った2010年頃から愛用させてもらっています^_^

GILTはバイヤーが厳選したメンズ、レディース、キッズのラグジュアリーブランドの服やシューズ、バッグ、アクセサリーなどをオフプライスで毎日21時に一斉開始。

セール期間はスタートから約3日間
(内容により1週間の場合もあり)。

オンラインで「リアルなセール」が毎日味わえる“ライブ感”満載のアプリです。

日本未上陸のブランドも多数あり、中には50%以下のアイテムもたくさん。

最新シーズンのものは少ないですが、
それでも「定番」として愛用できそうなもの、まだ「トレンド」として着用したいアイテムなどがいっぱいで、私もDIESELのバッグやA.P.C(←永遠に大好き。店ごと欲しい)のワンピースなど10年以上前に50%以下で購入したアイテムを未だに愛用しています^_^

時には
エミリオプッチ、ジルサンダー、マークジェイコブスなどのお洋服やアクセサリーも販売されています(半額でも高いけど)。

360b / Shutterstock.com

ちなみに、
毎年参加しているフジロックフェスティバルや日常でも、超愛用している英国王室御用達のHUNTERの折りたたみレインシューズや、防水力抜群のラバー素材の珍しいカモフラ柄バックパックも全部GILTで購入。

大事に大事にケアしながら、ずーっと使っています^_^

またアパレルだけではなく、
洗練されたインテリアの他、
高級レストランをオフプライスで利用できるプランや、エステなどの美容サービス、ヨガやピラティス、パーソナルトレーニングなど、ライフスタイルを豊かにするサービスもいっぱい。

先日は、
一流カメラマンによるプロフィール撮影のチケットも販売されていました。
スタジオ利用で、しかもプロのヘアメイク付きで、
お値段何と25,000円(これは破格です)

Sharaf Maksumov / Shutterstock.com

前置きが長くなってしまいましたが(汗)
そんなこんなで、
夜中に閲覧してしまうと、
ヒジョーに危険極まりないGILT。

日本事業部は2018年に、同じくフラッシュセールサイトのGLADDに経営統合されましたが、

元は2007年にアメリカ・ニューヨークで二人の女性が立ち上げたスタートアップ企業です。

2007年にゼロから2人の女性がゼロから立ち上げたこのGILTは、3年半で年商10億ドル企業になり、会員数は250万人を突破。

「ITとファッションで
世界を変える」

というミッションの元、
無名の二人が(と言ってもお二人ともハーバード大卒だが)、

どうやって保守的なラグジュアリーブランドの担当者を口説き落とし、その一流アイテムをGILTで販売し集客に成功したのか、など創業ストーリーの一部始終がこちらの本にご本人から解説されています。

GILTのこの販売方式は、ビジネスアイデアとしては目新しくないと言われています。

それでもゼロから立ち上げて3年半で年商10億ドルにしたその背景には、

創業者のお二人が
お互いを信頼しあっていて、

スピード感を持って
事業に取り組んだ

ということが本書を読むと感じられます。

成功するためには、まず身近な人から信頼関係を構築していく。

他人のために時間を使って相談に乗ったり、手書きのカードで挨拶状を送ったり、明日明後日では構築できないような関係を築いていく。

その結果、事業を立ち上げることになった時には、多くの人が彼女に協力を惜しまなかったと書かれています。

まさに
Givers Gain。
Giveの精神ですね^_^

人との付き合い方、
信頼の作り方
などが
成功のベースにある

と改めて感じる1冊です。

また結婚と出産を経験した女性二人が、がむしゃらに頑張って事業を立ち上げる様子が描かれているのも、同じ女性としてはとても魅力的に映ります。

もちろん、アメリカと日本では家庭環境も違うし(アメリカではベビーシッターさんを雇うことも一般的だし)、全てが同じ状況とは言えませんが、

女性も仕事を頑張る
男性も家事を頑張る

というスタイルが日本にも主流になってほしいな、と感じる今日この頃です。

もう洋服は買わんとこう・・・
と思っていますが、

しっかり働いて
長く愛用できるものを
キャッシュでポーンと買う
スタイル

をこれからも続けていきたいと思います^_^
(たまには夫からもプレゼントしてほしいですが・・・)

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA