【やや辛口】iMac27インチ2020モデルを使ってみた感想

iMac27インチ(2020年モデル)がウチに来てここ数日ルンルン気分なので、ご飯もiMacの前で食べるという始末(行儀悪い)。

新しいiMacを買ってテンション爆上がりの話 iMac27インチ2020モデルを24時間使ってわかった4つのこと

そして仕事が終わってから、美しい画面で映画を観たり、YouTubeを観たり、時間帯によって美しく変化するデスクトップ画面をコロコロ変更してみたりしています。

ちなみに昨日は夜中に大好きな映画、「The GodFather(パート1)」をiMacで視聴していましたが、冒頭の「I believe in America.」から始まるあの有名な暗い部屋のシーンも、自分の顔がモニターに映らないことに感激しています^_^

ですが

今日は敢えて、使ってみて気が付いた
iMacへの「個人的な見解」を書いておこうと思います。

Nano-texureガラスディスプレイは、注文前によく吟味

先日のブログでも、Nano-texureガラスの魅力をたっぷり書かせてもらったのですが、

iMac27インチ2020モデルを24時間使ってわかった4つのこと
  • iMacで映画やドラマを鑑賞しない
  • デザイン、写真を扱う仕事はしない

そんな方には、正直言って不要とも言えます。

Nano-texureガラスのオプションを付けると、プラス33,000円

モニターに33,000円もプラスするかどうか・・・、というところです。

デザインや写真を扱う方にはとてもオススメしたいですが、そうでない方にはいらないかも。その分SSDの容量をプラスするか、33,000円を別のことに使うか、です。

しかも

このNano-texureガラス、
お手入れが割と面倒。

ご存知の方も多いと思いますが、

パソコンのモニターを

  • 使い捨てのおしぼりで拭く
  • 家庭用洗剤で拭く

のはNGでございまして、埃や汚れを取り除きたい時は、エアーダスタースプレーなどで埃を飛ばした後に、柔らかいクロスで優しく乾拭きしてあげるのが◎なんですね。

ところがこのガラスは非常に繊細に作られているため、市販のクロスも使用NG。購入時に付属している専用のクロスを使ってお手入れする必要があります。

キーボードとマウスが入っている箱に一緒に入っています。

左側にアップルのロゴがさりげなく入っているクロスですが「これを使って手入れしなさいよ」とAppleの公式サイトにも書かれています。

でも、私がこの情報を知ったのはiMac購入前に読んだ、先に購入した方のレビューブログがきっかけ。iMacの箱にはディスプレイのお手入れに関することは何も書かれていないので、ブログを読んでいなかったら「何この布?」状態に。

やや不親切なAppleですw

デバイスの差し込み口が全部裏側

美しいのは良いのだけれど・・・・、外付けSSDなどのケーブルを頻繁に抜き差しする場合は少々不便かも。

しかも裏側なのでやや差し込みにくく、ガチャガチャとしているうちに傷付けてしまいそうな予感がします。

気になる方は、市販のデバイス差し込み口をお求めになることをオススメします。(美しさは半減しますが実用的)

美しいけれど最強に使いづらいキーボードとマウス

私は毎日の仕事で、logicoolのキーボートとマウスを愛用していますが、

いい道具は仕事効率間違いなくアップ。LOGICOOLのキーボードを使ってみた話。 <レビュー>logicoolのMX Master3:長時間パソコン作業をする方に全力でオススメしたいマウス

もう二度とApple純正のキーボートとマウスには戻れないほどの使い心地です。

なので、今回もiMac購入時に付属しているアクセサリーはセットアップ時のほんの5分ほど使用しただけで、キレイに箱に納めています。(キーボードに至っては外装フィルムも外さぬまま)

キーボードはまだマシとして、マウスよ・・・。

美しいデザインですが、これを使って3分も作業できない・・・>_<

これからも使うことはなく、キレイに箱に納めたまま保管することになりますw

(超個人的意見)前面のりんごマークは必要なのか?

iMacを使用する前は、MacPro本体に、同じく27インチのApple純正のThunderbolt Displayを繋いで使用していました。

このモニターには前にも後ろにもりんごマークなし。

なのにiMacには、前にも後ろにもばっちりロゴマーク入り。

前にロゴが入ることによって、若干モニターの位置が高くなったように感じるのは私だけだろうか・・・。

椅子の位置もジャストサイズに合わせていたので、それを変えるのがプチストレスだったりします^^;)ロゴマークは後ろ1箇所だけでもいいような気がしているのであります。

(当たり前だけど)セットアップがちょっと面倒

これはiMacに限った話ではありませんが、新機種にチェンジした時のセットアップの面倒なこと・・・。

iCouldなど便利なストレージサービスはたくさんありますし、復元機能も追加されていますが、デザインで使うアプリとフォントの設定はやはり手作業。

特にモリサワフォントの移行は、電話をかける必要がありちょっと面倒でした^^;)

今日のまとめですよ

今日は敢えて、超個人的な見解も含めたiMacのレビューをお届けしました。

でも、やっぱり美しいiMac。おかげさまで毎日楽しく仕事しています^_^

オールインワン型なので配線もすっきり。デスク周りもさらにキレイになりました。

これからも末長く愛用していこうと思います。

(前回の記事はこちらから↓)

iMac27インチ2020モデルを24時間使ってわかった4つのこと

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA