デザイナーにイメージをうまく伝える方法の話

デザインの仕事をしているといろんなリクエストクライアントさんからいただくのですが、

未だに
「これはどう捉えようかな・・・」
と考えてしまうリクエストが、

ズバリ

かわいくしてください。

和風な雰囲気で。

スッキリさせてください。

文字少なめで。

とにかくかっこよく。

など

人によって捉え方が違うリクエストたちです。

「かわいい」と一言に言っても
キ◯ィちゃんばりのかわいさなのか、
ティム・バートン監督の映画に登場するキャラばりの感じなのか(極端だが)

「スッキリと文字少なめで」も、
どのくらいすっきりさせたいのか、

「和風な雰囲気で」と言っても
どれくらいの和風なのか、
こってりなのか・・・。

↑これらのリクエストは
ものすごくズレた内容に仕上がる原因となるので、

最初にしっかりとイメージを共有して確認しておくことが、私とクライアントさん、双方の時間をムダにせず済む大事なポイントです。

極端すぎますが、この写真も「かわいい」です。

なので、デザイナーに依頼をする時、
一番スムーズにイメージを伝えるためには、

自分が思っている
「かわいい」「かっこいい」などの画像を
直接デザイナーに送信することです。

なんでもいいです。

そこらへんで見つけたチラシでも
SNSを見ている時に見つけた広告バナーでも、
家にある映画のパンフレットでも、
好きな雑誌の表紙でも、

とにかく何でもいいので、
「視覚化」された情報を
共有することがお互いの時間を奪わずに済みます。

そうは言っても、

イメージなんてよくわからんから
依頼しとるんやろボケ!

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

「好きなモノ」の一つくらい
お持ちだと思います^_^

画像が手に入らなくても
その「好きなモノ」の名前をお伝えいただくだけでも、十分に情報共有になります。

出来上がったデザインを見た時に

「そうじゃねえんだよ〜」

と思う時ほど、
フラストレーションが溜まる瞬間はありません(笑)

ぜひぜひ
伝わりやすい画像を用いて
デザイナーを上手に活用してほしいと思います!

それでは今日はこのへんで

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA