切り口を変えると売れる話

もう何回かこのブログで
同じことを書いているんだけど^^;)

ここ数年で
買って一番良かったモノ
(めっちゃ今更感があるが)

それは
ドラム式の
乾燥機付き洗濯機。

特にこの梅雨の季節、

普段の洗濯はもちろんだけど、
毛布やシーツもボタン一つで
カラッカラに仕上げてくれるので、

本当に買って良かった・・・
と今改めて
喜びを噛み締めております。

 

でもね、

このドラム式洗濯機を
私に買う決意をさせた
電気屋さんの店員さんが、

その時に
めちゃくちゃ
良い売り方をしてきた
んですね。

その店員さんは、

  • 乾燥機で乾かしてもシワにならない
  • 洗剤が自動投入できる
  • 日本製の機械
  • 大きい毛布やシーツも洗える
  • 布製の帽子やバッグも除菌できる

などといった
洗濯機の特徴を
説明をあまりせずに、

(結構いい値段するなあ・・・)
と思っていた私に、

乾燥機を使うと
◯◯度の熱で(機種によって異なります)
一気に乾かすんですけど、

これって紫外線に当てるよりも
実は清潔だったりするんですよ。

紫外線に当てたら
清潔になる
って思うでしょ?

でも雑菌って意外と
日に当てても残るんです。

例えば
毛布の中にいる
ダニの除去とか

フツーに洗濯して
外に干すよりも
乾燥機で徹底的に
乾かした方が効果的
なんですよ。

ちなみにこの機種には
「衣替えコース」っていうのがあって、
ダニを徹底的に除去するために
さらに乾燥機能が追加されてるんです〜。

(↑あくまでも個人で聞いた話です)

と、こんな感じで
説明してくれたんですね。

これを聞いてしまった私は
その場で購入したのですが^^;)

  • 乾燥機で乾かしてもシワにならない
  • 洗剤が自動投入できる
  • 日本製の機械
  • 大きい毛布やシーツも洗える
  • 布製の帽子やバッグも除菌できる

このような
機械の説明ではなくて、

外に干すよりも
清潔に仕上がる

この一言だけで、
商品も値段も全く変えていないのに
購入に至ってしまったワケなんです。

だってあんな説明を聞いたら、
毛布の清潔さが
めちゃくちゃ気になってきます^^;)

でも、
その場で「気にさせる」
良い売り方だな、
と今でも思います。

少し話は変わりますが、
先日ダイレクト出版の
メールマガジンにも
同じようなことが書かれていました。

それはP&Gが発売している
「アリエール」という洗剤が
V字回復した時の売り方の話
なんですが、

この時も、

スプーン1杯で汚れが落ちる!

というアピールだけでは
なかなか売上が
回復しなかったのだそう。

しかし凄腕マーケッターの
音部大輔さんが、

アピール内容を
アリエールの「除菌力」に変えて、
このようなメッセージを開発したんですね。

「子供も外で遊んできますから、
もともと衣服には
バイ菌が付いています。

それと、日本特有ですが、
風呂の残り湯を洗濯に
使いますよね。

そうすると、実は、
見えないバイ菌が
洗濯槽に集まってくるんです。

それを普通に洗濯しちゃうと、、
バイ菌は残ったまま。

洗い上がって
白くなっているように
見えますが、

実はバイ菌は残っています。

それを子供たちが
また着るかもしれないんです、、、」

テキスト引用元:ダイレクト出版

 

このメッセージを読むと
急に衣類についているバイ菌が
気になってきますよね^^;)

でもこのメッセージのおかげで
アリエールの売上は
見事に2倍になってV字回復した

というエピソードです。

商品の特徴や値段も
もちろん大事な訴求ポイントですが、

切り口を変えて
伝えると

伝わり方が
めちゃくちゃ変わる

という一例です^_^

こうやって
視点をちょっと変える
ことを忘れずに

と思う今日この頃です。

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA