「良い人」ではなく「人間らしい人」の方が魅力的と思った話

先日、月2回通っている
ビジネス帝王学の講座の中で、

昨年お亡くなりになった
瀬戸内寂聴先生の生き方が
取り上げられていました。

生きている今日を
1日悔いなく精一杯生きる

今この瞬間を
「切に生きる」ことが
一番確実な生


こんなお言葉を残し、
多くの方を魅了した寂聴先生。

そーいえば私も
今から10年ほど前に
幕張メッセで行われた
「DOMMUNE」の深夜イベントで

寂聴先生のステージを
拝見したことがあります。

ステージ、と言っても
当然ながら歌ったり演奏したり、
というわけでなく^^;)

椅子と机とマイクがあって
そこで説法をされる、
というものだったんですが、

深夜(確か23時とか0時)の
ステージだったにも関わらず、

寂聴先生めっちゃ元気&
集まっている人もめっちゃ多い

という感じだったことを
今でも覚えています。

すごいですよね^^;)

 

話が逸れちゃいましたが
先日学んだ寂聴先生のお話。

この時ね、
改めて気がついたんだけど、

寂聴先生って

確かに出家されていて
出版もされて、
ありがたいお話もされていて、
生きる希望を与えてくださる

そんな存在の方に
間違いはないのだけど、

多くの人に愛されてきたのは、

隠し事なしで
ぶっちゃけて生きている

要するに

人間らしい、人間臭いから
人を惹きつける魅力がある

んだと改めて思ったんですね。

例えば、

(出家されても)
肉大好き^_^

と公言したり

今でも
若い男の人大好き^_^

と隠さずに
堂々と言っているんですよね。

もちろん、
こうやって公言すると

(なんか、感じ悪いな・・・)

と思われる方も
いるかもしれません。

でもいいの。

感じ悪いな、と思う人は
ほっとけばいいんですよね。

私、この仕事やってるから
◯◯のイメージを
キープしなきゃ・・・

とか

こんなこと言ったら
私のイメージ悪くなるかな・・・

とか、

もちろんこれも大事なことだけど、
それよりも

いい人ではなく
素晴らしい人ではなく
人間らしい人の方が
魅力的

と思うエピソードでした^_^

それでは今日はこのへんで。

\お読みいただきありがとうございます/

●過去の制作実績はコチラから
制作実績を見る
●グラフィックデザイン、セールスコピーライティングのご依頼はコチラから
お問い合わせフォーム
●Twitter
→@nishi_megumi_24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA